スマートフォン版はこちら

サイクリスト

2017年は「e-BIKE元年」「CYCLE MODE international 2017」 11月3日から5日まで幕張メッセで開催

  • 一覧

 11月3日から5日までの3日間、千葉・幕張メッセを会場に、日本最大級の自転車フェスティバル「CYCLE MODE international 2017」(サイクルモード・インターナショナル2017)が開催される。メーカーブースの出展や試乗会、トークショー、ワークショップなどが行われるほか、今年は人気が高まっているスポーツタイプの電動自転車「e-BIKE」の展示試乗も実施する。

CYCLE MODE international 2017 (サイクルモードインターナショナル2017提供)

ヴィンテージから最新e-BIKEまで

最新モデルも目の前で見ることができる (サイクルモードインターナショナル2017提供)

 毎年各メーカーの最新モデルが集まるサイクルモード。見るだけでなく試乗コースで実際にバイクを試し、性能を存分に体験できるなど、⾃転⾞のあらゆる魅⼒が詰まった体感型スポーツバイクエンターテインメントショーだ。

 今年は各ブランドが誇る最新モデルのロードバイクやクロスバイクなどのほか、70~90年代に活躍したヴィンテージバイクを展示する。現在のレースシーンで活躍する高性能なロードバイクへと進化した歴史を目の当たりにできる。最新ロードバイクとヴィンテージバイクを圧倒的スケールで見比べられる。

毎年多くの自転車ファンが詰めかける (サイクルモードインターナショナル2017提供)

 また、目玉となるのが「e-BIKE」コーナー。「e-BIKE」とは電動アシストタイプのロードバイクやMTBのことで、海外では今や大人気、年々日本でも注目度が高まっている。サイクルモードは、2017年を「e-BIKE元年」と位置づけ展示や試乗会、e-BIKE先進国のヨーロッパではどのように楽しんでいるかを紹介していく。

 そのほか日本国内のサイクリングロードや観光スポット、世界に広がる自転車の魅⼒的なフィールドを紹介する“ジテンシャ×旅フェア”や「クルマに自転車を積んで出かけよう!」をテーマにした“シックスホイールスタイル”ゾーン、プレゼントキャンペーン、屋外イベントも用意している。レッスンやワークショップ、ステージイベントも充実している。

試乗前レッスンコーナー (サイクルモードインターナショナル2017提供)
アスリートワークショップ (サイクルモードインターナショナル2017提供)
さまざまなイベントが開催されるメインステージ (サイクルモードインターナショナル2017提供)
子どもも楽しめるキッズスクール (サイクルモードインターナショナル2017提供)

CYCLE MODE international 2017

■日時:11月3日(金・祝)、4日(土)10:00~18:00 ※販売店関係者 9:30~ 優先入場
   11月5日(日) 10:00~17:00
■場所:幕張メッセ 1~4ホール
■主催: サイクルモード実行委員会(テレビ東京/テレビ大阪/テレビ大阪エクスプロ)
■入場料(税込価格):前売券 1,200円 、女性券 1,000円、2日券 1,900円
           当日券 1,600円 、WEB当日券 1,400円
 ※中学生以下無料
 ※チームキープレフト会員は期間中フリーパス
■問い合わせ先:サイクルモード事務局 TEL:03-3239-3155 (平日11:00~18:00)

関連記事

この記事のタグ

サイクルモード サイクルモード2017

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載