スマートフォン版はこちら

サイクリスト

収納サイズもコンパクトミノウラがブレーキレバー掛けスタンド「LEVEL-100」を発売 駐輪中のぐらつきを防止

  • 一覧

 サイクルアクセサリーブランドの「ミノウラ」はブレーキレバー掛けスタンド「LEVEL-100」を発売した。ドロップハンドルのブレーキレバー部を横バーに差し込むことで風による自転車のぐらつきを防ぎ、安定性を向上させた。

ブラケット掛けで前後に最大3台が可 ©MINOURA

 従来のサドルレール掛けのタイプは安定性が低く、風に煽られると車体が揺れ動いて自転車どうしが接触することがあった。「LEVEL-100」は高さを低くし、パイプ径を細くしたことでブラケット掛けにも対応。横方向のずれを解消した。ドロップバー以外の自転車の場合も、もちろん従来通りサドルを掛けて使用可能だ。

横風に強いブレーキレバー掛けスタンド「LEVEL-100」 ©MINOURA

 本体を支える脚は折りたたむことができ、脚、パイプの長さは1mになるため、未使用時はコンパクトに収納できる。組立て・分解に工具は不要で、レース会場などでの簡易駐輪台としても使いやすい。駐輪台数は、交互に配置することで最大3台まで搭載できる。重量は7.0kgと従来品の「LEVEL-170H」と比べて4kgほど軽量化し、持ち運びも容易になった。

高さを低くし、パイプ径を細くしたことによりブラケット掛けに対応 ©MINOURA
脚・パイプの太さが1000mmになるため、まとめてコンパクトに収納可能 ©MINOURA

■LEVEL-100
カラー:シルバー
材質:鉄
重量:7.0kg
横バーサイズ:Ø25.4mm×1,200mm
製品寸法(幅):1,400mm
奥行:1,000mm
高さ:1,000mm
耐荷重制限:30kg(最大3台まで)
税込価格:16,300 円

関連記事

この記事のタグ

サイクルアクセサリー サイクルスタンド ミノウラ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載