スマートフォン版はこちら

サイクリスト

ゲストのマルコさんがアドバイス「伊豆大島御神火ライド」大型船への持ち込みは輪行袋で 大島への輪行の楽しみ方

  • 一覧

 ロングライドイベント「伊豆大島御神火ライド」(9月10日開催)の舞台となる伊豆大島に渡る大型船は、輪行でロードバイクを持ち込むことができます。輪行する参加者向けのお役立ち情報や、船内での過ごし方などをご紹介。また、「輪行はちょっと苦手…」という方のために、大会ゲストのマルコ・ファヴァロさんをモデルに、輪行の手順もアドバイスします。

自転車を輪行して、竹芝からいざ伊豆大島へ Photo: Naoi HIRASAWA
夜の竹芝客船ターミナル Photo: Naoi HIRASAWA

 伊豆大島への大型船が出る竹芝客船ターミナルは、ゆりかもめ竹芝駅が隣接し、JR浜松町から徒歩約8分、都営大門駅からは徒歩約11分ほどの距離があります。輪行で自転車を担いでいることを考えると、もう少し時間がかかりそうです。自転車を担いで歩くのが苦手という人は、竹芝駅を使うのがオススメです。ターミナル内に売店、少し歩けばコンビニもあるので、必要な方は翌日の朝食などを買っておくといいでしょう。

竹芝客船ターミナルの入り口 Photo: Naoi HIRASAWA
竹芝客船ターミナルのきっぷ売り場 Photo: Naoi HIRASAWA

 大型船へは、飛行機のように手荷物として預けるのではなく、自分で自転車を持ち込みます。大会参加者の自転車は、船外の広いスペースにまとめて保管されます。

 出港時は、船外に出ると東京湾の夜景を楽しめます。ライトアップされたレインボーブリッジの真下を通るなど、日頃見られない光景が広がります。

東京~大島間を結ぶ東海汽船の大型船「さるびあ丸」 Photo: Naoi HIRASAWA
自転車は広いスペースにまとめて保管される Photo: Naoi HIRASAWA
食堂は通常の営業終了後も共有スペースとして開放される Photo: Naoi HIRASAWA

 船内は出航後しばらくすると消灯になりますが、船内には食堂があり、ご飯ものや麺類など豊富なメニューがそろっています。食堂は営業終了後も開放されているので、もっと仲間同士で船中泊を楽しみたいという人はそちらを利用してみてください。船内には、自動販売機が飲み物のほかにもホットスナックやインスタントラーメン、シャワールームも備えられています。

大型船には飲み物以外の自販機も Photo: Naoi HIRASAWA
船内に多数用意されているシャワールーム Photo: Naoi HIRASAWA

輪行の手順

 前後のホイールを外す下準備として、ブレーキのクイックリリースレバーを上に上げて、ホイールを外しやすくします。自転車を逆さにして、ハンドルバーのブラケット部分とサドルの3点で支えるようにして立てます。もう一つ重要なのが後輪のギアを一番外側に入れること。降りる前に外側しておくか、逆さにした状態でペダルを回して外側に入れましょう。

後輪のギアは一番外側に Photo: Naoi HIRASAWA

 前輪は、ホイールのクイックリリースレバーを起こして、ある程度回していくと外れます。後輪は、レバーを起こしてホイールを上に持ち上げると外れます。外れにくい場合は、変速機を後ろに引きながら持ち上げます。

エンド金具の軸をチェーンに通す Photo: Naoi HIRASAWA

 ホイールを外したら、今度は後輪のギアを一番内側に入れます。エンド金具を組み立てながら、軸の部分をチェーンの間に通し、リアエンドに固定します。チェーンの間に通しておかないと、チェーンがガチャガチャと動いてフレームなどを汚してしまったり、傷をつけてしまうかもしれません。

エンド金具にチェーンを通した状態でエンドに固定 Photo: Naoi HIRASAWA

 今度は、サドルとエンド金具で支えるように自転車を立てます。立てるときに安定するよう、金具の向きを調節します。向きを決めたら、金具がグラつかないようしっかり固定してください。

スプロケットをむきだしで内側に向けるのはNG Photo: Naoi HIRASAWA

 次はホイールでフレームを挟むようにして固定します。スプロケットを内側にする場合は、カバーをするか布を挟むなどして、フレームを傷つけないようにします。フレームとホイールは3箇所をひもでくくりつけます。特に重要なダウンチューブはしっかり固定してください。後の2カ所はシートステーやサドルが一般的ですが、マルコさんはダウンチューブ2カ所とトップチューブに固定。フレームが倒れないように、ホイールが支えられるようにしています。

ベルトはクランクの根元に Photo: Naoi HIRASAWA

 使用する輪行袋によってしまい方は異なりますが、担ぐための長いベルトはクランクの支柱に巻き付け、袋の外へ出します。もう一本のベルトはヘッドチューブやステムに巻き付け、袋の外で組み合わせればOKです。袋にしまっていくのに手こずるときは、フレームを置く位置が正しいか確認してみてください。

ウェットティッシュがあると指が汚れた時に便利 Photo: Naoi HIRASAWA

 外したクイックリリースは、輪行袋の中に入れておくと、紛失する心配がありません。輪行の作業中は、チェーンなどを触って手を汚してしまうことがあるので、ウェットティッシュなどをもっておくといいでしょう。

輪行袋をしまう小袋にクイックリリースをしまうとなくさない! Photo: Naoi HIRASAWA
イタリア国旗の描かれた輪行袋を愛用するマルコ・ファヴァロさん Photo: Naoi HIRASAWA

関連記事

この記事のタグ

伊豆大島御神火ライド 輪行

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載