スマートフォン版はこちら

サイクリスト

新製品情報2017「ピレリ」のロードバイク用タイヤが日本上陸 ハイパフォーマンスな3モデル

  • 一覧

 イタリアで100年以上の歴史をもつハイパフォーマンスタイヤブランド「PIRELLI」(ピレリ)から、ロードバイク用タイヤが日本に初上陸する。ピナレロなど海外トップブランドを手掛けるカワシマサイクルサプライの取り扱いで、3つのラインナップをそろえる。

F1など自動車タイヤで知られるピレリのロードバイクタイヤが登場 © PIRELLI

 「技術革新で競争の先頭を走るパイオニアであれ」という企業理念をもつピレリは、F1やスーパーバイクなどのモータースポーツの分野で活躍し、業界をリード。国内でもハイパフォーマンスカーにタイヤを提供するなど、活躍の範囲を広げてきた。そんなピレリが次に目をつけたのが、さまざまな環境で走るロードレースの世界。これまでピレリが培ってきたレース用タイヤのノウハウを応用し、高い安全性と優れたパフォーマンスをもつクリンチャータイヤを開発した。

© PIRELLI

 今回、日本初上陸となるレーシングクリンチャータイヤは、バランスの取れたスタンダードモデル「P ZERO VELO」、おもにウェットコンディションに特化した「P ZERO VELO 4S」、そして軽さと速さを追及した「P ZERO VELO TT」の3種類。それぞれのタイヤには、ナノレベルで素材の配合をコントロールし、高いグリップ力と転がり抵抗の減少を両立させたピレリ独自のシリカ配合パウンド「SmartNET Silica」(スマートネットシリカ)を採用。タイヤと地面の接地部分におけるパワー伝達能力を最大限に引きだす「Ideal Contour Shaping」(理想的な外形曲線)を取り入れるなど、レース用タイヤにふさわしいスペックを兼ね備えている。

ドライもウェットも快適

 P ZERO VELOは、ピレリが誇るSmartNET Silicaを採用したスタンダードタイヤ。「Functional Groove Design」(機能的グルーブデザイン)テクノロジーを取り入れることで、ドライコンディションとウェットコンディションの両方で優れたグリップ性を発揮。耐パンク性能、航続距離にも優れ、安全性の高いハンドリングを実現した。

ピレリ「P ZERO VELO」 © PIRELLI
「P ZERO VELO」の構造。中央には耐パンク性能を高めるアラミド・ブレーカーを配置 © PIRELLI

■P ZERP VELO(Pゼロヴェロ)
サイズ:700x23C、25C、28C
重量:195g/23C、210g/25C、230g/28C
税抜価格:6,900円(23,25C)、7,300円(28C)

トレッド重視のウェットタイヤ

 P ZERO VELO 4S(Pゼロヴェロ4S)は、グリップ性能と耐パンク性能を強化し、ウェットコンディションでのスムーズなライドを可能にしたオールラウンド・コールドコンディションタイヤ。路面の水を受け流すようグルーブ(溝)の位置をデザインすることで、P ZERO VELO以上にウェットコンディションに強いタイヤに仕上げている。

ピレリ「P ZERO VELO 4S」 © PIRELLI
「P ZERO VELO 4S」の構造。トレッドの溝を増やしてウェットコンディションに強くなっている © PIRELLI

■P ZERO VELO 4S(Pゼロヴェロ4S)
サイズ:700x23C、25C、28C
重量:205g/23C、220g/25C、250g/28C
税抜価格:7,700円(23,25C)、8,000円(28C)

速さを求めるライダーへ

 P ZERO VELO TT(PゼロヴェロTT)は、ラインナップされた3種類のなかで最も速さを追及したタイムトライアル用タイヤ。スリック形状による低い転がり抵抗と23Cのタイヤサイズから与えられるエアロダイナミクス性能が、スムーズな加速を実現。荒れた路面でも高いコントロール性能を発揮するため、タイムトライアルやヒルクライムでもスピードを維持しやすい。

ピレリ「P ZERO VELO TT」 © PIRELLI
「P ZERO VELO TT」の構造。シンプルで軽量に仕上げられ、速さを追求したモデル © PIRELLI

■P ZERO VELO TT(PゼロヴェロTT)
サイズ:700x23C
重量:165g/23C
税抜価格:6,900円

関連記事

この記事のタグ

タイヤ ピレリ ロードバイク系パーツ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載