スマートフォン版はこちら

サイクリスト

【Teamユキヤ通信】ビンクバンク・ツアー 第1ステージ新城幸也は初日大集団スプリントで17位 「ラスト3ステージに調子を合わせたい」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 オランダ、ベルギーで開催のUCIワールドツアー「ビンクバンクツアー」に出場している新城幸也(バーレーン・メリダ)は8月7日、第1ステージのレースをチーム最上位の17位でゴールした。

集団は各チーム固まってエースを守りながら走ることが多い。写真左に新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA

 パレード区間を除くと169.8kmのほぼフラットなコースで行われた第1ステージは、序盤に4人の選手が逃げる展開。集団は終始落ち着いたペースでレースが進み、終盤にかけてスプリンターを擁するチームのアシスト選手が集団をペースアップして追い上げていくという、典型的な集団スプリントの形に持ち込まれた。

 バーレーン・メリダもスプリントを得意とするスペイン人の若手選手、イバン・ガルシア・コルティナで勝負する作戦。新城らはアシストに徹していたが、コルティナが集団からチームの隊列からはぐれてしまい、新城とグレガ・ボーレ(スロベニア)が最後のスプリント勝負に加わった。

トップスプリンターたちに囲まれ、17位でゴールする新城幸也(写真右から3人目) Photo: Miwa IIJIMA

 レース後の新城は次のようにレースを振り返った。

 「良いポジションで1km手間のロータリーを通過できたが、そこから各チームの位置取りに埋もれ、前に出ることができないままゴールとなってしまった。難しい展開でもなく、ウォーミングアップ的な1日だった。脚の調子も悪くないので、週末のラスト3ステージにしっかりと調子を合わせたい」

 7日間で争われる同ツアー。2日目は9kmの個人タイムトライアルが行われる。

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載