スマートフォン版はこちら

サイクリスト

左手首骨折の大ケガを乗り越えて新城幸也がツール・ド・フランス代表に選出 3度目の出場へ

2012/06/25 22:51更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新城幸也(チームヨーロッパカー)新城幸也(チームヨーロッパカー)(飯島美和撮影)

 チームヨーロッパカーは25日、今年のツール・ド・フランスの出場メンバー9人を正式発表した。2年ぶりの出場が期待されていた新城幸也も選出され、自身3度目のツールに挑むこととなった。

 嬉しいニュースだ。今年ツール・ド・フランスに出場するチームに所属する日本人選手は合わせて4人。うち3人が、昨日までに出場メンバーに入らない事が確定していた。過去最多の日本人4人出場どころか、今年は一人も出場できないのではとも懸念もされたが、最後に残った新城が見事出場を決めた。本場欧州のプロチームに所属するようになって今年で4年目。4シーズンで3度のツール出場と常連だが、今年はここまで非常に苦しいシーズンを過ごしていた。

 オフシーズンから春先までは順調な滑り出しを見せていた新城だが、春のクラシックレース出場を目前に控えた4月初めに、レースで落車に巻き込まれ、左手首を骨折してしまう。診断は全治2ヶ月。春のクラシックだけでなく、ロンドンオリンピックの最終選考会、そしてツール・ド・フランスへのチーム内選考も目前に控えた中での大怪我は、さすがの新城も大ピンチと言うほかはなかった。

 しかし、ここから不屈の闘志で復活した。骨折箇所を金属プレートで固定する手術を受け、懸命のリハビリから4月末の全日本選手権で“強行復帰”して見事9位完走。五輪代表を自らの手でたぐり寄せた。5月には欧州のレースに復帰し、順調な回復ぶりをアピール。そしてツール前最後のレースとなるフランスでの4日間のステージレースでは、後半2ステージで逃げ集団に入る果敢な走りを見せる一方で、総合成績でも11位に入る好調ぶりを見せていた。

 万全の回復ぶりを見せ、ツール・ド・フランス公式サイトに掲載された出場仮登録メンバーに名前が載った新城だったが、正式発表まではやはり不安であったという。チーム総監督からの選出のメールを受け取った時は、思わずガッツポーズが出たそうだ。

 チームヨーロッパカー広報アシスタント、飯島美和さんから届けられた新城幸也のコメントは以下の通り:

チームからの連絡を受け、安堵の表情でコースマップを 確認する新城 (飯島美和撮影)チームからの連絡を受け、安堵の表情でコースマップを 確認する新城 (飯島美和撮影)

「皆さん、お待たせしました! 2012年、ツールドフランスを走ります!
 まずは選ばれて良かったぁ~。という気持ちです。走れることが本当にうれしいです。
 ツール前、最後のレースを走り終えてから発表までこの1週間はとても長く感じて、今までのツールメンバーの発表で一番ドキドキしていました。
 そんななかでも自分は選ばれると信じて、ツールで良い走りをするための準備はしっかりとしてきました。食事の節制など苦しかったけど、この準備が無駄にならなくて良かったです。
 3回目のツールですから、気持ちにも余裕を持って臨めると思います。そして1週間後のオリンピックもツールで調子を上げて最高のコンディションで走れそうです。
 皆さんを驚かせるような何かしたいですね! 良い走りをして いつも応援していただいている皆さんにの声援に応えたいです!」

◇        ◇

 ツール・ド・フランスは6月30日スタートする。大きな怪我を乗り越えて、一回り成長した新城の活躍をぜひ期待したいところだ。(米山一輝)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



この記事のタグ

ツール・ド・フランス2012 新城幸也

この記事へのコメント

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載