スマートフォン版はこちら

サイクリスト

情報発信する広報部も設置「さいたまクリテリウム」100日前イベント 市長もチラシ配りPR

  • 一覧
「さいたまクリテリウム」の100日前イベントでPRする清水勇人さいたま市長=7月27日、さいたま新都心駅前(黄金崎元撮影)

 さいたま市が主催する国際自転車レース「さいたまクリテリウム」実行委員会は7月27日、JRさいたま新都心駅前(同市大宮区など)の通路で、100日前イベントを開催した。大会は11月4日に行われる。同実行委員会会長を務める同市の清水勇人市長も駆け付け、市民らにチラシを配り、大会をPRした。

 さいたまクリテリウムは平成25年から始まり、今年で5回目を迎える。27日に行われたイベントでは通路に垂れ幕を掲げ、公式グッズの展示ブースも設けた。

 清水市長は記者団に「大会が市民に少しずつ浸透してきた。今年も本場のツール・ド・フランスの上位入賞者が参加してくれる。たくさんの方に見てもらいたい」と話した。

 同実行委員会は26日、若者に関心を持ってもらうため、「さいクリ広報部」を設置した。広報部長にモデルの松元絵里花さんが就任。県内12大学の学生が部員となり、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を使って情報発信を行う。

 27日の100日前イベントでも部員18人が市長とともにチラシ配りを行った。

産経ニュースより)

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム 埼玉県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載