スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

ツール・ド・フランス2017 第17ステージ難関山岳を制したログリッチェが初優勝 キッテルが落車リタイア

by 平井久美子 / Kumiko HIRAI
  • 一覧

 ツール・ド・フランス第17ステージが7月19日、ラ・ミュールからセール・シュヴァリエまでの183kmで争われ、プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNL・ユンボ)がステージ初優勝を飾った。マイヨジョーヌは、この日3位でゴールしたクリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ)がキープ。新城幸也(日本、バーレーン・メリダ)は、141位でゴールしている。

ツール初優勝を飾ったログリッチェ Photo: Yuzuru SUNADA

3位フルームが総合首位キープ

 第17ステージは、アルプス山脈へ突入する山岳ステージ。スタート直後には2級山岳が登場、その後も超級山岳「コル・ド・ラ・クロワ(登坂距離24km、勾配5.2%)」、1級山岳「テレグラフ峠(11.9km、7.1%)」、超級山岳「ガリビエ峠(17.7km、6.9%)」と連続して厳しい山が立ちはだかる。このステージを含め残りあと4ステージ、総合争いはもちろん、ポイント賞、山岳賞を巡る戦いにも注目が集まった。

 スタート直後はアタックの応酬。新城が逃げに乗ろうとする場面もあったが、すぐに吸収されてしまう。約20km、ようやくまとまった先頭集団は約30人の選手で形成された。その中には、マイケル・マシューズ(オーストラリア、チーム サンウェブ)やトーマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル)、エステバン・チャベス(コロンビア、オリカ・スコット)、バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)といった有力選手も入っていた。一方、集団後方では落車が発生。ポイント賞1位のマルセル・キッテル(ドイツ、クイックステップフロアーズ)と山岳1位のワレン・バルギル(フランス、チーム サンウェブ)も巻き込まれた。

大会5勝を挙げたキッテルがまさかのリタイア

 キッテルとバルギルが遅れたことにより、先頭にも動きがでる。山岳3位のデヘントとポイント2位のマシューズが抜け出し、マシューズ、デヘントの順で30km地点の2級山岳を通過。マシューズは仲間の山岳ジャージを守るため、デヘントの1位通過を阻止した。その後、自らがポイントジャージを手にするため、47.5km地点のスプリントポイントも1位で通過。与えられたミッションを着実にこなした。しかし、落車の影響でキッテルがリタイア。ポイント賞争いは、予想外の結末を迎えることになった。

優勝を狙ったコンタドールも脱落 Photo: Yuzuru SUNADA

 2級山岳ポイントを過ぎても先頭は2人。その後ろに、30人ほどの追走、さらにチーム スカイがリードするメイン集団と続いていた。その後のコル・ド・ラ・クロワへの上りで、ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター チーム)、アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)がメイン集団から抜け出す。しかし、キンタナはここから脱落。コンタドールは、追走集団にいたモレマのアシストにより、追走にジャンプアップした。

 また、先頭ではダニエル・ナバーロ(スペイン、コフィディス)の先頭合流、マシューズの脱落といった動きが出るが、結局コル・ド・ラ・クロワの下りが終わる頃に、追走集団が吸収。先頭は20人程度になった。一方、総合上位勢がいるメイン集団は、依然チーム スカイがリードしていた。

ログリッチェが独走

 残り約50km地点、先頭集団は11人。4分ほど離れて、メイン集団が走っていった。45kmを切る頃、コンタドールをアシストしたモレマが脱落、そのほかも自らの仕事を終えた選手たちが、続々とペースを落としていく。

 人数が絞られていく中、先頭に動きがでる。ログリッチェがアタックを仕掛け、コンタドール、セルジュ・パウェルス(ベルギー、ディメンションデータ)がすかさず反応。先頭は3人になった。その後、ダルウィン・アタプマ(コロンビア、UAE・チームエミレーツ)、マティアス・フランク(スイス、アージェーデュゼール ラモンディアール)、さらにナバーロも追いつくが、ログリッチェは一層ペースをあげる。

 ログリッチェの調子の良さは一目瞭然。軽快にガリビエ峠の山頂へ向かい、山頂も1番に通過し下り区間に入る。残り20km地点、ログリッチェと後方のタイム差は約1分半。順調にゴールに向かっていた。

他を寄せ付けない強さを発揮。独走勝利となった Photo: Yuzuru SUNADA

 一方で、メイン集団の動きも活性化。フルーム、ミケル・ランダ(スペイン、チーム スカイ)、リゴベルト・ウラン(コロンビア、キャノンデール・ドラパック)、ロマン・バルデ(フランス、アージェーデュゼール ラモンディアール)、ワレン・バルギル(フランス、チーム サンウェブ)がペースを上げ、追走グループになる。また、総合2位のファビオ・アル(イタリア、アスタナ プロチーム)はこの動きに乗れず、遅れをとっていた。

総合1位をキープしたフルーム Photo: Yuzuru SUNADA

 強豪選手が追走するなか、ログリッチェはそのまま独走。1分以上の差をつけゴールした。2012年にスキージャンプ選手を引退後、ロードレーサーに転身したログリッチェ。そこから着実に成績を残し、今回ツールでのステージ初優勝となった。

 また、総合上位勢による2位争いは、ゴールスプリントに持ち込まれ、ウラン、フルーム、バルデの順にゴール。フルームは、総合首位をキープした。2位でゴールしたウランは、27秒差で総合2位に。10位ゴールのアルは総合4位に後退している。

ログリッチェの今後の活躍にも期待がかかる Photo: Yuzuru SUNADA

第17ステージ結果
1 プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNL・ユンボ) 5時間7分41秒
2 リゴベルト・ウラン(コロンビア、キャノンデール・ドラパック) +1分13秒
3 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) +1分13秒
4 ロマン・バルデ(フランス、アージェーデュゼール ラモンディアール) +1分13秒
5 ワレン・バルギル(フランス、チーム サンウェブ) +1分13秒
6 ミケル・ランダ(スペイン、チーム スカイ) +1分16秒
7 ダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ) +1分43秒
8 アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード) +1分44秒
9 ルイス・マインティーズ(南アフリカ、UAE・チームエミレーツ) +1分44秒
10 ファビオ・アル(イタリア、アスタナ プロチーム) +1分44秒
141 新城幸也(日本、バーレーン・メリダ) +33分41秒

個人総合(マイヨジョーヌ)
1 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) 73時間27分26秒
2 リゴベルト・ウラン(コロンビア、キャノンデール・ドラパック) +27秒
3 ロマン・バルデ(フランス、アージェーデュゼール ラモンディアール) +27秒
4 ファビオ・アル(イタリア、アスタナ プロチーム) +53秒
5 ミケル・ランダ(スペイン、チーム スカイ) +1分24秒
6 ダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ) +2分37秒
7 サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット) +4分7秒
8 ルイス・マインティーズ(南アフリカ、UAE・チームエミレーツ) +6分35秒
9 アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード) +7分45秒
10 ワレン・バルギル(フランス、チーム サンウェブ) +8分52秒
108 新城幸也(日本、バーレーン・メリダ) +2時間51分47秒

ポイント賞(マイヨヴェール)
1 マイケル・マシューズ(オーストラリア、チーム サンウェブ) 364 pts
2 アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル) 204 pts
3 アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、カチューシャ・アルペシン) 158 pts

山岳賞(マイヨアポワ)
1 ワレン・バルギル(フランス、チーム サンウェブ) 129 pts
2 プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ロットNL・ユンボ) 80 pts
3 トーマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル) 61 pts

新人賞(マイヨブラン)
1 サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット) 73時間31分33秒
2 ルイス・マインティーズ(南アフリカ、UAE・チームエミレーツ) +2分28秒
3 エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) +22分59秒

チーム総合
1 チーム スカイ 220時間37分52秒
2 アージェーデュゼール ラモンディアール +10分35秒
3 オリカ・スコット +2時間5分6秒

敢闘賞
アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2017 ツール2017・レースレポート

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載