スマートフォン版はこちら

サイクリスト

新製品情報2017メリダがグラベルロード「サイレックス」や新型「リアクト」など2018年モデルをお披露目

  • 一覧

 ミヤタサイクルが7月18日、バイクブランド「MERIDA」(メリダ)の販売店向け展示・試乗会を神奈川県葉山町で開催し、モデルチェンジしたエアロロード「REACTO」(リアクト)など2018年モデルをお披露目した。グラベル走行可能でツーリングバイクとしても使える新型ロードバイク「SILEX」(サイレックス)が登場した。

グラベルやツーリング向けのメリダの「サイレックス9000」 Photo: Naoi HIRASAWA

荷物を積んでのツーリングにも対応

 サイレックスはMTBのジオメトリーを参考に、ロングトップチューブと80mmのショートステムを採用することで、優れたハンドリング性能を実現した。ロードバイクよりアップライトなポジションをとれるジオメトリーで、ハンドルバーは掌に負担がかからないような専用設計になっている。

 グラベル向けでありながら、レース向けのシクロクロスバイクとは違い、荷物を積んで走ることも可能な多目的なバイクとして設計された。フレームバッグや大型のサドルバッグなどを装着でき、ボトル台座はダウンチューブの下、フォークなど合計5カ所に設けられている。

ボトルケージを両サイドに装着できるフロントフォーク Photo: Naoi HIRASAWA
ハンドリングを向上させる80mmのショートステム Photo: Naoi HIRASAWA

 ディスクブレーキモデルは、放熱フィンにより安定した制動力を得られるディスククーラーをリアに装備している。完成車で発売され、カーボンフレームはフロントシングルのスラムコンポーネントで、油圧ディスクブレーキ搭載の2モデル。アルミフレームはフロントダブルのシマノコンポーネントで、こちらも油圧ディスクブレーキとメカニカルブレーキの2モデルをラインナップする。

 カーボンモデルに採用されたフロントシングルのドライブトレインは、ワイドレシオ設計によって、フロントダブルと遜色ない速度域が出せるようになっている。

 タイヤは「Maxxis」(マキシス)がサイレックス専用に開発した700×35Cの幅広タイヤを全モデル共通で装着。空気圧を変えることで舗装路にも荒れた路面にも対応できる。フレームのクリアランスを大きく取ることで、タイヤ径は44mmまで対応している。

フロントシングルのドライブトレイン Photo: Naoi HIRASAWA
サイレックス専用設計の35Cタイヤ Photo: Naoi HIRASAWA

ディスクブレーキを初めて搭載

 リアクトは2011年に第1世代が誕生し、第2世代はランプレ・メリダへのスポンサード初年度に発表。生まれ変わった第3世代ではチューブ形状、カーボンレイアップを見直し、トータルで約18%の軽量化を果たした。ヘッドチューブや、シートステーまわりの断面形状の見直しでエアロダイナミクスを向上させ、シートポストの見直しにより快適性アップ、軽量化も図った。

メリダの新型エアロロード「リアクト チームE」 Photo: Naoi HIRASAWA

 大幅に軽量化し、エアロダイナミクスも改善している新型リアクトだが、エアロダイナミクスを“追求しすぎない”ことを念頭に開発された。特殊形状やワイヤーフル内蔵によって、価格上昇やメンテナンスがわずらわしくなるなどのデメリットが生まれることを避けたのだという。

 新型リアクトは、軽量モデル「SCULTURA」(スクルトゥーラ)とほぼ同じジオメトリーになっており、ステアリングの切れ方など、どんなバイクに乗ってもメリダらしいフィーリングを味わえる。

シートポストは軽量化を実現し、シートステーは薄型になり空気抵抗を削減 Photo: Naoi HIRASAWA
一体設計のVISION METRONコクピット Photo: Naoi HIRASAWA

 メリダがサポートするUCIワールドチーム「バーレーン・メリダ」のチーム仕様のCF4フレームが「リアクト チームE」をはじめとする3モデル、セカンドグレードのCF2フレームが「リアクト 5000」など3モデルに使用されている。5000と4000には44サイズが追加され、低身長の人でも乗れるモデルとなった。

 リアクトは2018年モデルでディスクブレーキモデルが初めて採用された。タイヤクリアランスは最大28mmに対応。フロントとリアにディスククーラーを装備している。CF4フレームが「リアクト ディスク チームE」に、CF2フレームが「リアクト 7000E」「リアクト 4000」に使用されている。

2018年モデルの試乗車がそろった「メリダ プレス&ディーラーキャンプ」 Photo: Naoi HIRASAWA
療養でレース活動休止中の、宇都宮ブリッツェンの鈴木真理選手(左)と増田成幸選手が来場 Photo: Naoi HIRASAWA

トラック競技用のリアクトも登場

 またリアクトのエアロフレームをベースにした、トラック競技専用の「リアクト トラックレーサー」が登場した。横型断面形状を採用し、エアロダイナミクス効果のあるフレーム設計となっている。

 スクルトゥーラは2018モデルで、CF4フレームを見直し50g軽量化。CF4の剛性、快適性が向上したため、上位グレードだったCF5が統合された。

トラック競技専用の「リアクト トラック500」 Photo: Naoi HIRASAWA
新型デュラエースDi2ディスクブレーキを採用した「スクルトゥーラ ディスク チームE」 Photo: Naoi HIRASAWA

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

メリダ(MERIDA)のロードバイク

20~30万円 2018年モデル 30~50万円 50万円~ ミヤタ メリダ ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載