スマートフォン版はこちら

サイクリスト

空力やハンドリング性能を向上モデルチェンジしたスペシャライズド「ターマック」 男女共通の新ジオメトリーに

  • 一覧

 バイクブランド「SPECIALIZED」(スペシャライズド)が、モデルチェンジした軽量ロードバイク「TARMAC」(ターマック)の2018年モデルを、アジアで初めて一般公開した。新たに設計されたターマックは軽量化を果たすとともに空力性能、ハンドリング性能を高めた。また、男女共通のジオメトリーで、どのサイズでも同じ乗り味で走れるバイクに仕上がっている。

モデルチェンジを果たしたスペシャライズド「ターマック」 Photo: Naoi HIRASAWA

4万人のデータから導き出した設計

 ターマックの発表会は、スポーツチャンネルの「J SPORTS」が東京・二子玉川で7月2日に開催したイベントと同じ会場で行われ、イベントの参加者やロードバイクファン、スペシャライズドファンが集まった。

 お披露目された新型ターマックはスペシャライズド独自の開発プロセス「ライダーファーストエンジニアード」を改良し、軽さや剛性、空力を兼ね備えたバイクとして生み出された。軽量バイクでありながら、優れたハンドリング性能を備えたバランスのよさも魅力だ。

大勢の来場者で賑わったターマックの発表会 Photo: Naoi HIRASAWA
幕が取り除かれお披露目された新型ターマック Photo: Naoi HIRASAWA

 男女共通のジオメトリーで、異なるサイズでも同じ乗り味になるフレーム設計になっている。4万人のライダーのフィティングデータを蓄積した「リトゥール」が、男女別のフレーム設計は不要だという結論を導き出した。また、反応性の高いフロントエンドとショートホイールベースを組み合わせたジオメトリーが、最適な動力伝達を実現している。

新技術のカーボン積層や塗料で軽量化

展示されたターマックは自由に撮影可能だった Photo: Naoi HIRASAWA

 カーボンのシートの枚数は従来の350枚から500枚に増やしながらも、カーボンの重ね方に新技術を投入したことで、剛性を維持しつつ軽量化を果たした。強度が必要な部分は厚く、そうでない部分は薄くすることで、効率よく積層を重ねている。最軽量のモデル「S-ワークス ターマック ウルトラライト」の56サイズで5.74kgという重量になっている。

 また軽さを追及するなかで、少ない塗料でコーティングできるフレームと、独自の塗料が開発された。ペイントの塗装重量はわずか10g。スペシャライズドよれば、熊の形をしたグミに換算して30~40個分ほどの重量の塗料が必要だったが、9個分にまで減ったのだという。

フレームの塗装重量は従来より大幅に軽量化 Photo: Naoi HIRASAWA
塗装重量は「グミ9個分」 Photo: Naoi HIRASAWA

 軽量モデルでありながら平地でのスピードも求め、空力性能を高めた。シートステーとシートチューブの接合部を低く設計すると剛性を損なわずに空気抵抗を削減できるため、リアのブレーキをダイレクトマウントからデュアルピボットにすることでシートステーの位置を下げることに成功した。さらに、D断面のシートポストとシートチューブも空力性能の向上に貢献している。

低い位置に接合されたシートステー Photo: Naoi HIRASAWA
D断面のシートポストとシートチューブ Photo: Naoi HIRASAWA

 また、デュアルピボットブレーキにより、タイヤクリアランスを広くできるように対応。30Cまで装着でき、快適性の高いセッティングが可能になっている。

「大人の部活」がテーマのコミュニティ誕生

ターマックユーザー向けのコミュニティ「チーム ターマック」 Photo: Naoi HIRASAWA

 またスペシャライズド・ジャパンでは、ユーザーにターマックをより楽しんでもらうため「チーム ターマック」というコミュニティを作り、サイクルライフの提案をする。「大人の部活」をテーマに、ツール・ド・おきなわ210kmの優勝を本気で目指すライダーのバックアップや、さまざまなレースイベント中のフィード、レース前のウォームアップなど、さまざまなレベルのユーザーをサポートする。

 参加資格はターマックのユーザーで、10月に発売されるジャージを購入すること。

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

2018年モデル アイテム(女性向け) スペシャライズド フレームセット ロードバイク 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

ツールド・フランス2017

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載