スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

数々の激闘や日本人選手の足跡を紹介山口和幸著「ツール・ド・フランス」電子書籍版が7月27日まで半額セール

  • 一覧
講談社現代新書『ツール・ド・フランス』(山口和幸著)

 世界最大の自転車レースの魅力を伝える講談社現代新書『ツール・ド・フランス』(山口和幸著)の電子書籍版が、2017年のツール・ド・フランスに合わせて、Amazon Kindleストア、楽天Koboなどの電子書店で半額セールで販売されている。期間は7月27日(木)までで、価格は351円(税込)。

 同書はツール・ド・フランスが開催100回目を迎えた2013年に上梓され、100年以上の歴史を持つ世界最大の自転車レースにおける数々の激闘を紹介している。

 ツール・ド・フランス5勝のジャック・アンクティル、エディ・メルクス、ベルナール・イノー、ミゲル・インデュラインのエピソードをはじめ、黎明期の物語、日本勢として参戦した今中大介、別府史之、新城幸也の足跡も紹介。映画『疑惑のチャンピオン』の題材となった、ランス・アームストロングが7連覇し、その後にすべてのタイトルをはく奪された経緯も記述されている。

 著者の山口さんは毎年、ツール・ド・フランスを現地取材しているベテランのスポーツジャーナリスト。2012年以降のツールでは、Cyclistに現地レポート連載“山口和幸の「ツールに乾杯!」”を寄稿し、今年も連載を執筆している。

『ツール・ド・フランス』(山口和幸著)の内容

プロローグ 自転車ロードレースとは何か
第1ステージ フランスの英雄とアメリカの開拓者
第2ステージ ツール・ド・フランス5勝クラブ
第3ステージ 黎明期からビッグイベントになるまで
第4ステージ 偽りの王者に戦いを挑んだライバルたちの悲運
第5ステージ カミカゼ・ジャポネ!
エピローグ はるかなるツール・ド・フランス

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2017 ツール2017・その他

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載