スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

【Teamユキヤ通信】ツール・ド・フランス2017 第8ステージ新城幸也、速すぎるレース展開で逃げは断念「自分にチャンスがある日ではない」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 ツール・ド・フランス第8ステージが7月8日に開かれ、新城幸也(バーレーン・メリダ)は逃げに乗ろうと試みたが展開に恵まれず、集団内でアシストとして走り、トップから31分34秒遅れの143位でゴールした。

スタートサインのステージの電源が落ち、電子サインボードやマイクが使えないタイミングで上がった新城幸也は、笑顔で観客に手を振った Photo: Miwa IIJIMA

 コースの中盤から3級、2級、1級と山岳が設けられ、徐々に強度が上がる187.5kmの山岳ステージ。チーム最高位はヤネス・ブライコビッチ(スロベニア)の52位だった。

 新城は、次のようにレースを振り返った。

ゴール後、たくさんのメディアや人ごみの中に消えてゆく新城幸也の後ろ姿。ツールは格別に多くの人が動いている photo Miwa IIJIMA

 「逃げに乗っていいと許可が出たので、序盤に数人で抜け出したが、集団に引き戻された。そんな動きが長々と50kmくらい続き、スプリントポイント前の上りで(ソニー・)コルブレッリの位置取りをして、最初の上りに差し掛かったら、ペースが速すぎっ。気が付けば集団の最後尾になっていたので、今日は自分にチャンスがある日ではないと割り切って、ボトルを運んだりして過ごした」

 予想外に厳しい展開になったことついても触れ、「ツールでは時折、こんな日がやってくる、なぜかペースが落ちない。100km地点で集団ができて、ゴールまでは長かったが人数が多かったのと、その時点で平均速度が43km/hだったので、制限時間には余裕があった。明日は1週目を締めくくる、きついコース。今日みたいな展開だと、大変な1日になると覚悟しておこう」と気を引き締めた。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2017 ツール2017・ユキヤ通信 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載