スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

ツール・ド・フランス2017 コースプレビュー<第2週>ピレネー、中央山塊を行く中盤戦 マイヨジョーヌ争いの形勢が見える1週間に

by 福光俊介 / Syunsuke FUKUMITSU
  • 一覧

 ツール・ド・フランス2017は、第2週を迎えようとしている。劇的な勝利から大波乱、驚きの展開とドラマ満載だった第1週を終え、大会中盤戦はどんなレースとなるだろうか。舞台はフランス南部へと移り、ピレネー山脈と中央山塊、ツールでもおなじみの地域を巡る。

ツール・ド・フランス2017は第2週へ。ピレネー、中央山塊と巡る(写真は第7ステージ) Photo: Yuzuru SUNADA

第10ステージ(ペリグー~ベルジュラック、178km) 7月11日

第10ステージ コースマップ ©A.S.O.

 空路フランス南部へと移動したプロトンは、前日に今大会1回目の休息日を終える。そして迎える第2週初日は平坦ステージ。中盤に2カ所の4級山岳ポイントが設けられるが、これらは逃げグループに任せてメイン集団はスプリントに備えて進行することだろう。

 フィニッシュまでの6kmは大小のコーナーが連続。とくにラスト1kmからは立て続けに2回の左90度コーナーをクリアする。スプリンターチームが主導権争いを繰り広げ、集団前方は大混戦となるだろう。エーススプリンターにとっては、ポジショニングや落車には気を配らなくてはならない。

第11ステージ(エイメ~ポー、203.5km) 7月12日

第11ステージ コースマップ ©A.S.O.

 この日も山岳ポイントが1つと、スプリンター向けのステージだ。レースの進行はスプリンターチーム主導となり、総合を争う選手たちは力を温存しつつ、トラブルのないように終えておきたい。

 フィニッシュは、ツールでたびたび登場するポーの市街地。フィニッシュまでの5kmは4カ所のランドアバウト通過があり、スプリントに向けた展開次第では集団が縦長のまま最終局面を迎えることもありそうだ。好位置を確保して加速していくことが勝利の近道となる。

第12ステージ(ポー~ペイラギュード、214.5km) 7月13日

第12ステージ コースマップ ©A.S.O.

 いよいよピレネー山脈へと入るこの日。超級山岳を含む6カ所のカテゴリー山岳が待ち受けるコースは、今大会最難関ステージの呼び声も高い。

 中盤に1級山岳コル・ド・モンテを越え、残り50kmから超級ポート・ド・バレ、1級コル・ド・ペイスルード、そして頂上のフィニッシュを目指す2級ペイラギュードと立て続けに通過する。消耗戦となることは必至で、総合を争ううえで好調の選手と厳しい状態にある選手とがはっきりするはず。

 このステージを終えた段階で、誰がマイヨジョーヌを着用しているか、そして後続とのタイム差がどのくらいかで、有力選手たちがその後のステージをどう走るか見えてきそうだ。

第13ステージ(サン・ジロン~フォア、101km) 7月14日

第13ステージ コースマップ ©A.S.O.

 フランス建国記念日に設けられた今大会最短ステージ。101kmの中に3つの1級山岳を詰め込み、最後はフィニッシュに向かっての27kmのダウンヒル。

 13.5km地点に中間スプリントポイントが設定されているが、そこをめがけてスタートから全開で進み、そのまま山岳へと入っていくことになりそうだ。いつになく出入りが激しくなりそうな山岳ステージだ。

 そして、この日勝つことが至上命題となるフランス勢。あらゆる手を尽くして勝利を狙うことだろう。

第14ステージ(ブラニャック~ロデーズ、181.5km) 7月15日

第14ステージ コースマップ ©A.S.O.

 カテゴリー山岳はレース後半の3級2つだけだが、コースは中盤以降上り基調。山岳にカテゴライズされていない急坂も潜んでおり、一筋縄にはいかない1日となりそうだ。

 そして、最終局面はフィニッシュまでの570mを一気に駆け上る。勾配9.6%の急坂を一番に攻略するのは誰か。上れるスプリンターやクラシックレースを得意とするパンチャーにチャンスありといったところか。

 前日まで厳しい山岳をこなしてきたプロトンは、リーダーチームのコントロール次第。逃げが容認されたまま最後まで行く可能性も大いにあるだろう。

第15ステージ(レザック・セヴェリャック・レグリーズ~レ・ピュイ・アン・ヴレ、189.5km) 7月16日

第15ステージ コースマップ ©A.S.O.

 今大会通過する5つの山脈のうち3つ目となる、中央山塊へ。

 19km地点から始まるこのステージ最初の1級山岳で逃げ狙いのアタックが頻発するようだと、サバイバルレースとなることは濃厚。やがて形成されるであろう逃げがそのまま容認されるのか、リーダーチームをはじめ追いかけるチームが出てくるのかも見もの。

 残り31.5km地点が頂上の1級山岳コル・ド・ペラ・タイヤードを通過してからは、途中4級山岳があるもののフィニッシュまでおおむね下り基調に。メイン集団に上れるスプリンターらスピードマンが残っていれば、逃げグループとのタイム差次第でチャンスが巡ってきそうだ。

 そして、このステージを終えると2回目の休息日へ。運命の最終週は目前だ。

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2017 ツール2017・レース情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

ツールド・フランス2017

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載