スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

ボーラ・ハンスグローエが不服として提出CASがサガン側の訴えを退ける ツール・ド・フランスの失格処分不服

  • 一覧
第4ステージでゴールするぺテル・サガン Photo : Yuzuru SUNADA

 スポーツ仲裁裁判所(CAS)は7月6日、世界最高峰の自転車ロードレース、ツール・ド・フランスで4日に失格となった世界選手権覇者のペテル・サガン(スロバキア)の所属チームが処分を不服として提出した訴えを退けたと発表した。

 ロイター通信によるとチームは6日、処分の即時停止も含めて5日にCASに訴えたことを明らかにしていた。サガンは第4ステージ終盤の競り合いでマーク・カベンディッシュ(英国)を肘で押して転倒させたとみなされて失格となり、カベンディッシュは負傷でレースを棄権した。(共同通信)

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2017 ツール2017・その他

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載