スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

ツール・ド・フランス2017 第5ステージ最大勾配20%の上りをファビオ・アルが単独アタックで初優勝 マイヨジョーヌはフルームに 

by 平井久美子 / Kumiko HIRAI
  • 一覧

 ツール・ド・フランスは、7月5日第5ステージが、ヴィッテルからラ・プランシュ・デ・ベル・フィーユまでの160.5kmで争われ、レース終盤の厳しい上りで単独アタックに成功したファビオ・アル(イタリア、アスタナ プロチーム)が優勝した。アルはこの勝利で山岳賞も獲得した。マイヨジョーヌは、ゲラント・トーマス(イギリス、チーム スカイ)からクリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ)にチーム内で移動。新城幸也(日本、バーレーン・メリダ)は103位でゴールしている。

ツール初優勝を飾ったアル Photo : Yuzuru SUNADA

有力選手で形成された逃げ集団

 第5ステージは、今大会初の山岳フィニッシュ。序盤は、平坦基調だが、残り約53km地点に3級山岳が登場。ゴール前には、登坂距離5.9km、平均勾配8.5%、フィニッシュ手前は最大勾配20%という1級山岳が立ちはだかる。

 レース直後にアタックを仕掛けたのは、トマ・ヴォクレール(フランス、ディレクトエネルジー)。そこに、トーマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル)、フィリップ・ジルベール(ベルギー、クイックステップフロアーズ)が反応。さらにミカエル・ドゥラージュ(フランス、エフデジ)、エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)、ヤン・バークランツ(ベルギー、アージェーデュゼール ラモンディアール)、ディラン・ファンバーレ(オランダ、キャノンデール・ドラパック)、ピエールリュック・ペリション(フランス、フォルトゥネオ・ヴィタルコンセプト)が加わり、逃げは力のある有名選手を多く含む8人で形成された。一方、メイン集団は、BMCレーシングチームがリードしていた。

 その後もレースは、逃げ集団とメイン集団に分かれ落ち着いて進んでいく。3級山岳に差し掛かろうかとする約105km地点、逃げ続けていたドゥラージュ、さらにその後デヘントが脱落。逃げ集団は6人になるが、レースは依然として一定のタイム差を保ちながら進んでいった。

ジルベールは自身のバースデーを祝う敢闘賞

最終局面でアルを追いかけるリッチー・ポート(左)とマーティン(右) Photo : Yuzuru SUNADA

 残り約20km、これまでメイン集団をリードしてきたBMCトレインの右にアスタナ プロチーム、左にトレック・セガフレードがそれぞれトレインを形成。先頭は3列になる。その後、オリカ・スコットやチーム スカイといった有力チームを先頭に出る動きを見せる。

 一方、先頭集団は、残り13km地点で動きが出る。この日35歳の誕生日を迎えたジルベールがアタックを仕掛ける。この動きにすかさずバークランツが反応、6人いた逃げは2人になる。この先頭2人の数十秒後ろにボアッソンハーゲン、ヴォクレール、ペリションの追走集団。そこから1分弱離れてメイン集団という形で、最後の上りに突入した。

 残り4km地点、ついにメイン集団が逃げを吸収。クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ)やロマン・バルデ(フランス、アージェーデュゼール ラモンディアール)、リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシングチーム)など、チームのエースを頂上に連れて行く動きでレースは活性化する。

他を寄せ付けない登坂力

圧倒的な登坂力で勝利を掴んだアル Photo : Yuzuru SUNADA

 エースのアシストを終えた選手たちは次々脱落。人数が絞られていく中の残り2.4km地点、アルが単独でアタックを開始。1級山岳を上っているとは思えない程の軽快なペダリングに、他の選手は追いつくことができない。アルの勢いは、最大勾配20%部分でも衰えずそのままゴールゲートをくぐり抜けた。イタリアチャンピオンのジャージを着るアルは、ツール・ド・フランス初のステージ優勝となった。20秒差の3位でゴールしたフルームがマイヨジョーヌを着用し、それまで首位のトーマスは総合2位に。優勝のアルも同3位につけている。

マイヨジョーヌはクリストファー・フルームに移動 Photo : Yuzuru SUNADA

第5ステージ結果
1 ファビオ・アル(イタリア、アスタナ プロチーム) 3時間44分6秒
2 ダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ) +16秒
3 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) +20秒
4 リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシングチーム) +20秒
5 ロマン・バルデ(フランス、アージェーデュゼール ラモンディアール) +24秒
6 サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット) +26秒
7 リゴベルト・ウラン(コロンビア、キャノンデール・ドラパック) +26秒
8 アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード) +26秒
9 ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター チーム) +34秒
10 ゲラント・トーマス(イギリス、チーム スカイ) +40秒
111 新城幸也(日本、バーレーン・メリダ) +11分11秒

個人総合(マイヨジョーヌ)
1 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) 18時間38分59秒
2 ゲラント・トーマス(イギリス、チーム スカイ) +12秒
3 ファビオ・アル(イタリア、アスタナ プロチーム) +14秒
4 ダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ) +25秒
5 リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシングチーム) +39秒
6 サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット) +43秒
7 ロマン・バルデ(フランス、アージェーデュゼール ラモンディアール) +47秒
8 アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード) +52秒
9 ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター チーム) +54秒
10 ラファル・マイカ(ポーランド、ボーラ・ハンスグローエ) +1分1秒
103 新城幸也(日本、バーレーン・メリダ) +14分4秒

ポイント賞(マイヨヴェール)
1 アルノー・デマール(フランス、エフデジ) 127 pts
2 マルセル・キッテル(ドイツ、クイックステップフロアーズ) 87 pts
3 マイケル・マシューズ(オーストラリア、チーム サンウェブ) 73 pts

山岳賞(マイヨアポワ)
1 ファビオ・アル(イタリア、アスタナ プロチーム) 10 pts
2 ダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ) 8 pts
3 クリストファー・フルーム(イギリス、チーム スカイ) 6 pts

新人賞(マイヨブラン)
1 サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット) 18時間39分42秒
2 ピエール・ラトゥール(フランス、アージェーデュゼール ラモンディアール) +24秒
3 ルイス・マインティーズ(南アフリカ、UAE・チームエミレーツ) +41秒

チーム総合
1 チーム スカイ 55時間57分59秒
2 BMCレーシングチーム +1分59秒
3 アージェーデュゼール ラモンディアール +3分21秒

敢闘賞
フィリップ・ジルベール(ベルギー、クイックステップフロアーズ)

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2017 ツール2017・レースレポート

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載