スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

【Teamユキヤ通信】ツール・ド・フランス2017 第4ステージ新城幸也は連日のゴール前落車で足止め 「ここまでとても良いリズムで走れている」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 7月4日に行われたツール・ド・フランス第4ステージ、新城幸也(バーレーン・メリダ)はトップ同タイムの集団の中、53位でゴールした。個人総合順位は100位となっている。

落車を回避し、「危なかった~」と話しながらゴールした新城幸也(バーレーン・メリダ)  Photo: Miwa IIJIMA

 第4ステージはルクセンブルクをスタートし、ミネラルウォーターが日本でもおなじみのヴィッテルでゴールする207.5km。ほぼフラットなコースだったが、ゴール手前で落車が相次ぎ、波乱のステージとなった。

 ソニー・コルブレッリ(イタリア)をエースにスプリントに挑んだチームだったが、コルブレッリがゴール前の位置取り争いの最中、路肩に落ちてしまう。新城自らがスプリントに挑んだが、残り1kmで再び起きた落車の影響で足止め。間一髪で避け、トップ集団と同タイムでフィニッシュとなった。

 新城は「今日もゴールが登り基調なのでコルブレッリのスプリント勝負。彼向きのコースだったが、残り3kmで路肩に落ちてしまい、勝負のチャンスを失った。それからは自分でスプリントしようと思っていたが、残り1.5kmの落車で僕自身も足止めをくらって、最後に絡む事は出来なかった。ここまでとても良いリズムでここまで走れてる。天気も暑くなってきて、フランスに入ってますますツールドフランスな雰囲気になって来た!」と振り返った。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2017 ツール2017・ユキヤ通信 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載