スマートフォン版はこちら

サイクリスト

門田基志の欧州XCマラソン遠征記2017<7>疲労と気力の狭間で奮闘した第2ステージ UCIステージレース「アルペンツアー」リポート

  • 一覧

 マウンテンバイク(MTB)・クロスカントリー(XC)の門田基志選手(チームジャイアント)と、まな弟子の西山靖晃選手(焼鳥山鳥レーシング)が、6月8~11日の4日間にわたってオーストリアで開催されたUCIステージレース「アルペンツアー」に出走しました。第2ステージは68km、獲得標高3100mという第1ステージよりもさらに過酷さを増したコース。前日の疲労と気力の狭間で苦戦を強いられた壮絶なステージレースの様子が伝わる、門田選手のリポートです。

←<6>UCIステージレース「アルペンツアー」初日の激戦レポート

UCIステージレース「アルペンツアー」の第2ステージ ©AlpentourTrophy2017

◇         ◇

 疲労の中目覚め、泥沼のようなベッドから起き上がる朝がステージレース中であるという事を認識させる。前日のうちに疲労が回復するわけもなく、朝起きてみて何とか動くから頑張ろうという感じだ。

第2ステージのコースプロフィール。68kmで獲得標高は3100m ©AlpentourTrophy2017

 腹が減ってはレースは出来ぬということで、各自の適当な時間で朝食を摂ることから朝が始まる。次に前日のレースで感じた違和感を解消すべく、少しバイクセッティングの調整をする。そして今日のレースはコースプロフィールが難しいので、高低図をトップチューブに貼付ける。と、やれる事は全てやっても疲労は回復するわけもなく、疲れた体とともに招集エリアへと向かう。

 第1ステージの成績で招集されスタートラインに並ぶが、スタート後はパレードスタートの乱戦となり、市街地の無法地帯を警察先導で歩道やラウンドアバウトの真ん中を飛んだり跳ねたりしながら位置取りしつつ、集団は本スタートへと進む。

前日の成績順にスタートラインに並ぶ ©AlpentourTrophy2017

 「無理をしてもほぼ同じスタート位置ということだ」と思ったら、本スタートの合図からヘアピンの激坂で前が詰まってバイクを押し始める。もう少し前なら混雑に巻き込まれずクリア出来たかもしれない。「明日からは競り合って無理をしてでも出来るだけ前に上がろう」と心に誓う。

 体が異常に重たいことに気付くが、いまはやれる事をして出来る力をペダルにぶつけるしかない。なんとかペースを維持して前に進むがやはりバイクは思うように進んではくれない。

 あれこれ乗り位置を変えたりしながら走りつつ、乱戦の大集団の中で位置取りをする。少しペースが落ち着いた頃、西山に抜かれるもなす術無く、力なくペダルを回すしかない状態になる。

 大きな集団から遅れて下りに入る。その後のシングルトラックで誰かが止まって押し始めたので、大混雑をしている集団に軽く追い付いた。テクニックでクリアできるセクションは乗って行くので前の選手をどんどんパス出来る。

バイクの微調整が裏目に

 ほどなくして筋肉の疲労感や違和感を感じ始めた。今朝変更したサドル高が合ってないことを確信したが、工具を出して調整する時間を考え、乗り位置でごまかして走る作戦に出た。

©AlpentourTrophy2017

 しかしクリート位置もサドル高も違和感でしかなく、足のしびれも出始めたので1800m級の本格的な上りの前に微調整をしてみる。軽く違和感は改善され、ペースアップに成功すると前の集団に追い付き、そして次の集団にも追い付きとポジションを上げて行く。やはり右足に違和感が残るが、我慢出来る範囲なのでそのまま永遠とも思える(試走したので知っている)長い長い上りへと突入することにした。

 試走の時に景色がきれいだったことを思い出すが、今日は路面しか見ることができない。疲労で思うように動かない体をひきずり、最大限の力でペダルを回す。しかし筋肉的に終わっていて、高地順化も出来ていない体では追い込めず、息が上がらないペースで淡々と前へ進むことしか出来ない。

 そんなフラフラの状態の中、沿道からハイカーが声援を送ってくれた。この辺りもハイカーとMTBの共存がしっかり出来ているからこそだと感心した。

我慢の激坂セクション

 山のレストランが見えて来た。見えるということは激坂セクションだと、試走の記憶が蘇る。「攻める」というよりは「我慢」という表現で、試走時にカプチーノを飲んだ山頂のレストランに到着。エイドステーションでドリンクと補給食をもらい、試走の時に自分たちが座ったテラスを走り抜け、一気に下りに突入した。

©AlpentourTrophy2017

 腰を引いて前後ブレーキを駆使しないと止まらない激下りの先には水切りの横溝がある。普通に突っ込んだら凄まじい衝撃を受けるので、軽く飛んでクリアすると空中に浮いている分ブレーキが効かず、咄嗟に壁を走ってセーフ! 危うく吹っ飛ぶ所だった。

 林道の下りで思うのは外国人選手の速さ。シングルトラックはさほど速いと感じる事はないが、林道では超高速で突っ走る選手が多い。砂利の林道で時速70km弱で走っていたが、前方を走る選手はそれを上回るペースで下っている。

終わらない山

 次に1500mまで上るのが大きな目標となるわけだが、身体的には疲労困憊の状態でもある。が、前に進まないとゴールには辿り着けない。集中力も切れまくっている中でヒルクライムに突入した。

©AlpentourTrophy2017

 右足の違和感も限界近い状態にきていたので、止まって微調整をして再スタートを切るが、疲れ切って集中力も切れかけた状態では何が出来るわけもなく、ただ淡々とマイペースでペダルを回すだけで精一杯だった。周りの選手と何となくペースを作りながら、たまにペースアップ出来るかな?と思ってダンシングを入れてみるもすぐに失速。為す術なく頂上を通過して下りに走り、70km程度で砂利のコーナーを曲がると何もしてないのに前後輪が流れ始める。

©AlpentourTrophy2017

 そして、再び林道。この段階に来てもなお圧倒的な外国人選手のスピードに驚く。コースアウトしたら大けがでは済まないが、遅れるわけにもいかないのでそのまま超高速で林道を駆け抜けた。

 次の上りはコース図的には激坂のようだ…。前方を見ると壁のような場所に道がへばりついている。さらに視線を上に向けると壁のような坂道を多くの選手がバイクを押して歩いていた。押している選手を避けながら、バランスをとり何とか乗ってクリア出来る角度で駆け上がる。上半身を使い、負担もかなりかかるが根性で上り切った!ここでかなり多くの選手をパスしてポジションアップに成功した。

 「頂上だ!よし、あとちょっとだ!」と思ってコース図を見る。よ〜く見たら…、まだ山が2つ残っていた。意気消沈とはこのことだろう。

果てしなく長い1日

 最後から2つ目の山が自分にとっては最後の難関だ。最初に立体交差を潜る時に前を走る選手が泥沼にハンドルをとられ横転して泥まみれに!後ろを走る僕と数人の選手が泥が深いことを確認して壁際を走り、壁につかまりながらクリアした。前を走る選手をお手本として学ぶ事は大切だ(笑)。

 草原の上りは無闇に体力を消耗する。見渡す限りに草原が広がる、気持ちの良い景色だが、体的には全く気持ち良くない。上を見ると、キツそうなオーラを放っている人々が必死で上りをクリアしている。集中力が切れて降ってくる選手をパスしつつ1300m地点を目指す。自分がプッシュして前を追い抜くという表現にはほど遠いが、確実に1人、また1人と降ってくる選手をパスして順位を上げて行った。

見渡す限りの草原を漕ぎ進む ©AlpentourTrophy2017

 1000mを越えたあたりから見通しが良くなり、前を行く選手の姿が見えるが追い付かない。追い付くように踏むが、瞬間でペースダウンというのを繰り返す。やっとのことで1300mをクリアして下っていると、見覚えがある景色とキノコのオブジェが!ステージ1で上った所を下っているようだ(笑)。

 集中力も途切れ途切れで、フラフラしながら行き着いた先には天国のエイドステーションがある。が、幸いボトルは半分以上あり、止まる必要も無いのでそのまま通過。エイドから出てくる選手と、前を行く選手とでパックになってはみたものの、すぐにバラバラになり、各自マイペースで最後の山と戦う。

©AlpentourTrophy2017

 残り5kmがものすごく長く感じるが、足を止めると一気に大勢に抜かれるのでペースは維持して我慢!せめて前を行く1人を抜きたい!でも追い付かない…。結局ペースを上げ切れず、最終のPLANAIのマウンテンバイクパークのご機嫌な下りに突入した。が、上半身もボロボロ。右足の違和感も強くなっていて攻めることができない。勾配がきつく、ブレーキング時の上半身のダメージが酷い。ハンドルを持つ腕がキツい中で、ステージ2を何とか完走することが出来た。

 本当に!本当に果てしなく長い1日だった。

疲労困憊で第3ステージへ

 ゴール後はマッサージサロンを予約しているが、ゴール時間が想定していた時間より遅くなったので部屋に帰ってシャワーを浴び、色々と片付けをしていたら食べ物をほとんど摂る間もなくサロンの予約時間に。少し補給をとり、ボロボロの体をマッサージしてもらってだいぶ体が軽くなった。

 夕食はいつものようにビュッフェスタイルの夕食なので、会場に行って食事を済ませたが、あまりの疲労にすぐに退散し、ホテルに帰ってゆっくり休んで明日に備える事にした。もう疲労で体がダルいなんてもんじゃなかった…。

 明日は第3ステージ。寝て起きて、朝に少しでも回復していることを期待して、早めに就寝した。

<つづく>

門田 基志門田 基志(かどた・もとし)

1976年、愛媛県今治市生まれ。世界最大の自転車メーカー、ジャイアント所属のMTBプロライダー。選手として国内外のレースに参戦する一方、レース以外のサイクリングツアーも展開。石鎚山ヒルクライム、サイクリングしまなみなど数多くの自転車イベントを提案し、安全教室の講師やアドバイザーも務めるなど、自転車文化の発展に奔走している。

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

門田基志の欧州クロスカントリーマラソン遠征記

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

ツールド・フランス2017

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載