スマートフォン版はこちら

サイクリスト

工具はともだち<117>自転車界でしか通じない? 「アーレンキー」の名前の由来

by 重田和麻 / Kazuma SHIGETA
  • 一覧
「ねじの日」ロゴ

 6月に入り今年も早や半分が過ぎ去ろうとしていますが、6月というと、6月1日が「ねじの日」ということはご存じでしょうか。これは、1949年6月1日に工業標準化法が制定され、JISによってねじの規格が標準化されたことにちなんで定めたられたようです。ねじは現在の工業製品には無くてはならない存在で、KTCもねじがあるから存在しているようなものですから、「大切にしないといけないなぁ」と、いまさらながらに思っています(笑)。

トルク管理の“未来の形”

 そして、そのねじの締結にとって切っても切れないものが、トルク管理をするための計測器である「トルクレンチ」。そのトルクレンチの未来の形を指し示す展示会が6月21日(水)~23日(金)まで、東京ビッグサイトで開催されます。

自転車でも使えるトルク帯の無線通信式デジタルトルクレンチ「メモルク」 ©KTC

 その展示会は「機械要素技術展」という名称で、KTCは無線通信式のトルクレンチ「メモルク」や、トルクをはじめとした様々な履歴管理を可能とするソフトとの連携、ID情報を埋め込んだタグから無線通信で情報をやりとりする「RFID」を使ったトルク管理の新しい形を提案しています。

 自転車とはかけ離れた世界と思われるかもしれませんが、自転車の組立やその後のメンテナンスにおいて、トルク管理をはじめとした作業管理の重要性は近年ますます高まっています。そして、こうした新しい技術が、自転車の組立やメンテナンス時の締結に起因した事故をなくすことにつながると筆者は本気で考えています。ご興味がある方はぜひお越し下さい。

商標が一般に広まった名称

 さて、自転車に使われている「ねじ」と言えば「キャップスクリュー」(六角穴付きボルト)が主流となっていますが、その理由には軽量化やねじへのアクセスのしやすさが考えられます。ただ、そもそもキャップスクリューが開発された理由は、産業機械の出っ張りをなくし、作業服などが引っ掛かるのを防ぐことにあったようです。

KTCの自転車用六角棒レンチセット ©KTC

 そして、このボルトを回す工具である「アーレンキー」ですが、連載第101回でもご紹介したように、一般的には「六角棒レンチ」や「ヘキサゴンレンチ」と言われ、アーレンキーの名前はあまり使われていません。

 では、なぜ六角棒レンチのことをアーレンキーと呼ぶのかというと、アメリカのWilliam G.Allen(ウィリアム G.アレン)が発明したKEY(鍵状の工具という意味)ということで「ALLEN KEY」と言われるようになったようです。そして「ALLEN」という名称は今でもグローバルツールメーカーである「APEX TOOL GROUP」のブランドとして使用されています。

 つまり、アーレンキーというのは「エスカレーター」や「ホッチキス」のように、商標が一般的に使用されて広まったような名称なのです。

Cyclistロゴ入りエプロン付き「デジラチェ工具セット」販売中

Cyclist × KTC オリジナルデジラチェ工具セット Photo: SANKEI netShopCyclist × KTC オリジナルデジラチェ工具セット Photo: SANKEI netShop

 CyclistとKTCとのコラボレーションによる自転車メンテナンス向け「オリジナルデジラチェ工具セット」が好評です!

 デジタル式トルクレンチに、収納用ブローケースや、自転車整備に活躍する5つの付替え用ビットソケット、ソケットホルダー、さらにCyclistとKTCのロゴが入ったオリジナルショートエプロンが付属している、他では手に入らないセットとなっています。(価格は税込4万3869円)
(産経デジタル)

→「オリジナルデジラチェ工具セット」商品販売ページ(産経netShop)

重田和麻(しげた・かずま)

KTC(京都機械工具)入社後、同社の最高級ツール「nepros」(ネプロス)の立ち上げに携わった後、販売から企画、商品開発とさまざまな立場で同商品と歩みを共にしてきた。スポーツ自転車は初心者だが、工具についてはプロフェッショナル。これまでの経験を生かして、色々な角度からサイクリストに役立つ工具の情報を提供する。

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

KTC 工具はともだち

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

ツールド・フランス2017

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載