スマートフォン版はこちら

サイクリスト

ワイヤロックなどを配布自転車盗難の約8割が無施錠 「ロックの日」に鍵かけ意識を、和歌山市で啓発活動

  • 一覧
和歌山市南片原のホームセンターコーナン和歌山店で、啓発活動を行うボランティアメンバー(小笠原僚也撮影)

 自転車の盗難被害などを防ごうと和歌山県警和歌山西署などは6月9日、和歌山市南片原のホームセンターコーナン和歌山店で、買い物客らに自転車などの施錠を呼びかける啓発活動を行った。

 「日本ロックセキュリティ協同組合」が定めた「ロックの日」(6月9日)に合わせて実施した。

 署員やボランティアのメンバーらが「おでかけは、一声かけて、カギかけて!!」などと書かれた啓発グッズや、自転車用のワイヤロックなどを配布。買い物客らに「6月9日はロックの日です。鍵かけをお願いします」と呼びかけた。

 同市の主婦、重河松子さん(73)は「普段から自転車の備え付けの鍵はかけているけれど、ワイヤロックもかけて用心しようと思う」と話した。

 県警生活安全企画課によると、昨年県内で発生した自転車の盗難被害は1054件。うち約79・3%が無施錠だった。無施錠率は全国でワースト3位だったという。

産経新聞・紀中版より)

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

和歌山県 防犯

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

ツールド・フランス2017

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載