スマートフォン版はこちら

サイクリスト

バイクインプレッション2017「CARRERA TD01-AIR」長距離向きのしなやかさを持つ軽量エアロロードフレーム

  • 一覧

 イタリアのレーシングバイクブランド、CARRERA(カレラ)は、1989年に元プロロードレーサーのダビデ・ボイファヴァとルチアーノ・バラキが設立。近年は意欲的なカーボンフレームのリリースを続け、エントリーモデルからハイグレードのレーシングモデルまで多彩なラインナップでサイクリストに最適な性能を届けている。今回試乗したのは、リーズナブルながら優れたエアロ性能を実現するエアロロード「 TD01-AIR」だ。

「CARRERA TD01-AIR」(カレラ TD01-エア) Photo: Masami SATOU

CARRERA TD01-AIR(カレラ TD01-エア)
価格:240,000円(フレーム、税抜)
サイズ:XS、S、M、L、XL
カラー:A8-142、A8-143、A8-144、A8-145
問い合わせ先:ポディウム http://www.podium.co.jp/carrera

スペック

フレーム:カーボン
フォーク:カーボン
変速機:シマノ・デュラエース(F)&(R)
ギヤ:シマノ・デュラエース 50×34T、 シマノ 11-28T(11s)
ホイール:カンパニョーロ・ボーラウルトラ50
重量:6.65kg(Mサイズ完成車実測値)

高弾性カーボン繊維を採用するフルカーボンエアロフレーム。エアロ形状に合わせたシートピラーはトップチューブ側でネジ1本止め Photo: Masami SATOU
ティアドロップが空力上の理想的な形状ではあるが、後方を切り離しても空力性能に影響は少ないため、カムバック(カムテール)を採用 Photo: Masami SATOU
コンパクトなリア三角を成形するシートステーにつく、リアのダイレクトマウントブレーキ Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 新しいカレラの「TD01-AIR」は、従来のハイエンドモデル「AR-01」、「ERAKLE AIR」(エラクルエア)に続くエアロモデルとして登場しました。4月の発表会では、ブランドのセールスマネージャーが、「コンペティティブなエアロロードバイクではあるが、万人のサイクリストが乗りこなせるバイクとして、乗り心地とエアロ性能を追求した」とのこと。どうでしたか?

米山 本格的なエアロフォルムがカッコいいバイクだね。ダウンチューブやシートチューブ、シートポストにもカムテール断面を採用するなど、空力性能は高そうだし、この仕様で6.65kgという軽さも魅力だね。試乗車はハイエンドパーツで組まれていて、エアロロードながら重量面でも高いポテンシャルがあることを証明している。

松尾 ええ、まず見た目からしてエアロ効果高そうでした(笑)。ホリゾンタルで、見るからにかっこいいです! フレーム販売のモデルですが、お手本のような組み方で乗れました。形状的にもっと硬いと思いましたが、乗ってみると意外としなやかでしたよね。

米山 うん。快適性もある乗り味なので、長距離を高い速度でこなしたいというライダーにいいと思う。

松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU

松尾 最大パワーで踏めば若干物足りないですが、シッティングだと気持ちよくペダリングし続けられます。空気の抜けは感じられ、しなやかゆえに脚へのダメージも薄く、いつまでも踏めました。トライアスロン用に組んでも活躍しそうです。

米山 個人的には、試乗車の硬いホイールよりも、もう少しソフトな乗り味のものと組み合わせて乗りたいと感じた。

松尾 それも良いですね。しなやかな性格を生かし、徐々にスピードに乗せていく走り方があっていると思います。ロードレースのみならず、ロングライドでも気持ちよく、速く走れそうですね。

米山 うん。ロードレースも長時間のものになれば、体力が温存できて終盤のパフォーマンスに期待できるんじゃないかな。。

松尾 そうですね。カレラらしくハンドリングはクイック。下りは慣れてから攻めたいです。上りはシッティングのほうが相性がいいと思います。安定感も健在で、バランスの取れたバイクですし、エアロフレームは一般的に硬いモデルが多いので、一味違った魅力のあるフレームだったと思います。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOU

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

カレラ(CARRERA)のロードバイク

カレラ バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載