スマートフォン版はこちら

サイクリスト

バランスの取れた優等生アンダー5万円で1400gの実力 アレックスリムのクリンチャーホイール「ALX473」

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 台湾のホイールブランド「アレックスリム」はスペックに対して価格が抑えられ、手が届きやすく、優れたコストパフォーマンスの製品を送り出している。新たに発売されたアルミクリンチャーホイール「ALX473」は5万円を切る価格ながら、1400gの重量を実現。レース強度のトレーニングで走り込み、実力を確かめた。

アンダー5万円で優れたコストパフォーマンスを誇るアレックスリム「ALX473」 Photo: Masami SATO
下りのコーナーは太めのリム幅を生かし、狙ったラインをしっかりとトレース Photo: Masami SATO

 ALX473は1400gと軽量でありながら、リムハイト30mmのセミディープホイールなのが特長。リム幅は25cなどのやや太めなタイヤにも対応する22mmだ。インプレッションには筆者が普段から愛用しているタイヤ、コンチネンタル「GP4000S」の25cを使用した。テストした期間は1週間で、距離は計400kmほど。1日は千葉県の房総エリアに延々と続くアップダウンの連続をレース強度で走行して試した。

ハブはシンプルで滑らかな回転性能をもつ Photo: Masami SATO

 全体的に軽量な部類に入るクリンチャーホイールだが、踏み出しに軽快さは特に感じなかった。恐らく30mmハイトとややボリュームがあるリムだからだろう。その代わりにスピードが乗ってからの維持が非常に楽だ。踏まなければならない緩やかな下り坂では、滑らかなハブ性能も効き、スムーズに加速。優れた高速走行性能が印象的だった。40mmを超えると“ディープリム感”が増し、横風や、ホイールによっては重量が気になる。しかし、30mmという絶妙なハイトではデメリットは感じづらい。

 捻じれ剛性は十分ではあるが強固ではないので、インターバルがかかる場面のフィーリングは好みではなかった。綺麗なペダリングで上る場合はシッティングがフィット。緩やかな上りでも巡航が楽に感じた。下りの高速コーナーはリム幅を生かし、足下が取られにくく、狙ったラインをトレースができ、不満はない。

総合点が高く、優れたバランスのホイールだった Photo: Masami SATO

 重量と価格に目がいきがちなALX473であったが、乗ってみると総合バランスが優れたホイールであった。過度に尖った性能はないが、アンダー5万円のホイールの中では頭ひとつ抜き出ているだろう。

アレックスリム「ALX473」
税抜価格:46,000円
アクスルサイズ:(F)100×(R)130
対応カセット:シマノ/スラム 8/9/10/11S
参考重量:1400g
リムハイト:30mm
リム幅:22mm

関連記事

この記事のタグ

アレックスリム サイクルパーツ パーツ・アイテムインプレッション ホイール

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載