スマートフォン版はこちら

サイクリスト

クネゴ、内間、小林らが出場NIPPOが注目の新レース「ハンマーシリーズ」に参戦 “チーム”で戦う3日間

  • 一覧

 6月2日から4日までの3日間、オランダ・リンブルフ州にて「ハンマーシリーズ スポートゾーン・リンブルフ」が初開催される。大会を主催するのはUCIワールドチームが合同で出資して立ち上げた「Velon」(ヴェロン)。ヴェロンに加入するチームをはじめとしたUCIワールドチーム12チームと、NIPPO・ヴィーニファンティーニを含めた4つのプロコンチネンタルチームが出走する。

ハンマーシリーズに出場するNIPPO・ヴィーニファンティーニのメンバー © NIPPO Vini Fantin

 レースの特徴は第一に「チームで戦う」ということ。3日間かけて3種類のレースを開催し、いずれも5選手が出場しチーム全体の成績を競う。また視聴者やファンにとって観戦しやすく、より魅力的なレースになるよう工夫されているのも特徴。従来のロードレースよりも距離が短く、短時間でレースが開催されることや、周回コースを使うことにより、現地で観戦するファンの目の前を何度も選手たちが通過していく。

チームタイムトライアルなどチームで戦うハンマーシリーズ =ティレーノ・アドリアティコ第1ステージ、2017年3月8日 Photo : Yuzuru SUNADA

 1日目の「ハンマークライム」は2カ所の登坂区間が設定された周回コースを使い、それぞれの上位通過者に与えられるポイントの合計を競う。2日目の「ハンマースプリント」も平坦な周回コースにスプリント地点を設定し、その通過順位によりポイントが加算される。そして、3日目の「ハンマーチェイス」はチームタイムトライアルがベースとなったレース。2日目終了時点でのチームランキング上位のチームからスタートしていき、最終的な着順で3日間の優勝チームが決定される。

 NIPPO・ヴィーニファンティーニはキャプテンのダミアーノ・クネゴ、ツアー・オブ・ジャパンで区間3勝を挙げたマルコ・カノラ、急成長中の若手のイウリィ・フィロージらイタリア勢を軸とした編成。「ハンマースプリント」ではニコラス・マリーニ(イタリア)がエースを務め、さらに日本人選手は内間康平と小林海がラインナップされ、ベストメンバーで初開催の一戦に挑む。レースの模様は、日本ではスポーツ専門チャンネルのJ SPORTSで毎日生中継される。

内間康平のコメント

初開催となるハンマーシリーズ!参戦する僕らもどんなレースになるのか想像するだけでもドキドキしてきます!日本でもLIVE中継されるということもあり楽しみでたまりません。ぜひぜひ、テレビの前で応援お願いします!

小林海のコメント

普段走ってるレースとは異なる、特殊なレースなので楽しみです。生中継を観ながら、日本から応援してください。

関連記事

この記事のタグ

チームNIPPO ハンマーシリーズ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載