スマートフォン版はこちら

サイクリスト

犯罪の抑止へ機動力を活用スポーツ自転車で防犯パトロール、「守山市サイクルポリス」が地域を巡回

  • 一覧

 琵琶湖一周サイクリング「ビワイチ」を推進する滋賀県守山市が5月29日、スポーツ自転車で防犯パトロールを行う「守山市サイクルポリス」を発足させ、市内を巡回した。滋賀県内で、警察がパトロールにスポーツ自転車を活用した事例は今回が初めてのこと。

市内を巡回する「守山市サイクルポリス」 ©Moriyama CITY
守山警察署前で上内保署長と宮本市長の激励を受ける ©Moriyama CITY

 守山市サイクルポリスは平成24年10月に締結した、「安全で安心なまちづくりネットワーク」協定に基づき、市の保有するスポーツ自転車3台を守山警察署に貸与し、行政と警察が連携して誕生。近年増加する自転車の盗難被害や特殊詐欺被害の防止・啓発、また地域住民の防犯意識の向上を目的とした防犯パトロール活動にスポーツタイプの自転車を活用するためのもの。

守山警察署を出発する「守山市サイクルポリス」 ©Moriyama CITY
市内を巡回した「守山市サイクルポリス」 ©Moriyama CITY

 この日、守山警察署生活安全課3人、守山市危機管理課3人で構成されたサイクルポリスは、守山警察署前で上内保署長と宮本和宏守山市長の激励を受けた後、守山警察署を出発。途中、市内高齢者宅を数軒訪問し、チラシ・声かけによる特殊詐欺啓発活動を実施しながら、約3キロを巡回した。

自転車の機動力を生かして市内を丁寧にパトロール ©Moriyama CITY

 同警察署生活安全課・白井剛警部補は、「守山市が自転車を軸にまちづくりを進める中、警察もスポーツ自転車を活用することで、地域の興味・関心を引き、犯罪の抑止につながると考えている。混雑する駅前や商店街、地域の狭い道など車両では入りにくい現場にいち早く駆けつけるため、スポーツ自転車の持つ機動力を有効に活用していきたい」と話した。

 今回結成されたサイクルポリスでは、守山市内を週1回程度定期的に巡回する予定で、今後同警察署の実施する交通安全の啓発活動等にも幅広く活用していく方針とのこと。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド ビワイチ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載