スマートフォン版はこちら

サイクリスト

バイクインプレッション2017「KHODAABLOOM FARNA 700 DISC-105」街乗り、通勤でもおすすめの乗り心地よさ

  • 一覧

 コーダーブルームは「マルキン」自転車でお馴染みの、日本企業「ホダカ」が手掛ける、スポーツバイクブランド。社員がスポーツサイクルに親しみ、新入社員の入社式にはロングライドがセットになっていることは、有名だ。今回試乗したのは「コーダーブルーム」初となるディスクロード「ファーナ700 ディスク-105」だ。ディスク化によるパーツ分の重量増はあるものの、その上での性能面を実走レビューする。

「KHODAABLOOM FARNA 700 DISC-105」(コーダーブルーム ファーナ700 ディスク-105) Photo: Masami SATOU

KHODAABLOOM FARNA 700 DISC-105(コーダーブルーム ファーナ700 ディスク-105)
価格:165,000円(完成車、税抜)
サイズ:430mm、465mm、500mm
カラー:ブラックガンメタル
問い合わせ先:コーダーブルーム  http://khodaa-bloom.com

スペック

フレーム:AL6011 EAST-L
フォーク:カーボン
変速機:シマノ・105(F)&(R)
ギヤ:シマノ・105 50×34T、11-28T(11s)
ホイール:シマノ・WH-RX31
重量:9.35kg(465mmサイズ完成車実測値)

相性のいいカーボンフォークと、ディスクブレーキ。ブレーキは制動力とメンテナンス性に優れたデュアルピストンタイプを採用する Photo: Masami SATOU
ブラックとガンメタのカラーがシンプルながら骨太の印象を与える。フレーム素材には重量剛性比の高いアルミ合金を採用 Photo: Masami SATOU
ワイドなシートステー。タイヤは28Cを採用し、シティライドには嬉しいアッセンブルだ Photo: Masami SATOU

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

米山一輝 サイクリスト編集部のエースライダー。数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサーで、現在は国内レースを取材で転戦中。身長175cm Photo: Masami SATOU

米山 アルミフレームの「ファーナ700-105」は、去年試乗しているけど、エントリーユーザーに嬉しい性能と価格が魅力だったね。2017年モデルとして、ディスク仕様が追加されたけど、フレームはディスク搭載用に再設計されている。通常のキャリパーブレーキ仕様が8.35kgなので、「ファーナ700 ディスク-105」はちょうど1kg重たい計算だ。

松尾 今回、メーカーさんのご厚意で乗り比べをさせてもらいましたが、基本的には「ファーナ700」をディスクブレーキ化したバイクではありますが、重心も下がり、安定感が増したように感じました。

米山 そう。それから乗り心地の良さと直進安定性の良さがまず印象的。ただ、車重があるのでヒルクライムは少々辛いと感じた。

松尾 ディスク化の恩恵で、安定性は増しましたね。でも、レーシーな感覚は薄くなったと思います。

米山 うん。太めのタイヤとフカフカのサドルで、中級者向け以上のロードバイクよりも、身体には優しい乗り味になっている。

松尾修作 Cyclistの新人編集部員。元プロロードレーサーでヨーロッパをはじめ、アジアツアーやJプロツアーのレースを転戦した。脚質はオールラウンダーで、剛性が高いバイクよりはしなやかでも伸びのあるバイクを好む。身長175cm Photo: Masami SATOU 

松尾 ええ。金属フレームなので、振動吸収性には限界がありますが、重心の低さ、エアボリューム、ディスク化など、総合的には乗りやすくコンフォートなバイクです。その反面、加速は狙っていないのもありますが、レーシーではないですね。

米山 そうだね。ディスク化といっても、レースの新基準を念頭にしたタイプではなく、あまりスピードを出しすぎず、時速25km巡航くらいに抑えるのが心地よいバイクだ。

松尾 ディスクはワイヤー式なので、油圧式ほどのタッチの良さはありませんが、レースモデルではないし、普段使いならこれで十分です。雨の日でも制動力が安定しているので、通勤通学に向いてますね。

米山 うん。天候に左右されず、安定したブレーキングができるので、街乗りや通勤でロードバイクを使ってみたい人にオススメの一台だね。

松尾 タイヤも28cなので、路面のギャップや溝などに流されづらいため、神経質になりすぎることなく扱えます。アルミフレームですが、総合的に乗り心地が良いといえるバイクで、ツーリングの用途にもオススメできると思います。

(編集 齋藤むつみ)

Photo: Masami SATOU

関連記事

この記事のタグ

15~20万円のロードバイク

15~20万円 コーダーブルーム バイクインプレッション ロードバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載