スマートフォン版はこちら

サイクリスト

サイクリスト歓迎の宿など充実自転車の保管やサポート万全 憧れのコースをゆくJTBガイアレックのサイクリングプラン

  • 一覧

 JTBガイアレックが、日本各地の人気サイクリングコースを満喫できるサイクリスト向けの旅行プラン「Let’sサイクリング 日本を走ろう」を展開している。自転車の保管やチェックイン・アウト前後のサポートが充実した宿と、新幹線や飛行機の交通手段をセットにした、サイクリスト安心のプラン。「瀬戸内しまなみ海道」など憧れのコースを、遠方からの輪行でも手軽に楽しめる。

生口島に広がるレモン畑と多々羅大橋

宿泊の前後でサイクリング

 このプランの宿泊施設は、サイクリストの受け入れ歓迎な宿ばかり。宅配便による自転車の受け取り・保管・発送ができ、自転車の輸送に西濃運輸を利用すると、片道でも往復でも500円引きになる特典がついている。もちろん電車、飛行機、クルマでの輪行も可能。また、自転車の保管場所も必ず用意され、自分の部屋に持ち込める宿が多いのも魅力だ。

荷物を預けられる宿を利用すれば安心してサイクリングを楽しめる

 旅先でのサイクリングは準備をするスペースの確保や、荷物の保管が気がかりなもの。このプランの宿はチェックイン前・チェックアウト後でも荷物を預かってくれたり、着替えや入浴ができたりと、宿ごとにさまざまなサポートを行っている。人気のコースをたっぷり走ってから宿泊し、次の日にまたサイクリングを楽しんでからでも、ゆっくりと輪行の準備ができる。

 こうしたサービスに加え、交通費と宿泊費をセットにしたお得な旅行代金が設定されている。しまなみ海道までのアクセスがいいグリーンヒルホテル尾道を例にすると、東京~尾道間の新幹線とホテルの通常代金が1人あたり4万4600円のところ、3500円安い4万1100円になる。(6月23日から1泊2日食事なし、2名1室ツインで想定 ※5月26日現在の旅行代金)

初心者も上級者も満足

 「Let’sサイクリング 日本を走ろう」で入門編・お散歩サイクリングとして紹介されている瀬戸内しまなみ海道は、広島県と愛媛県を結ぶ全長約70kmで、国内外で人気のサイクリングコース。6つの島々と、それを結ぶ橋を渡りながら瀬戸内海の風景を楽しめる“サイクリストの聖地”だ。

 初心者でも走りきれる距離でありながら、上級者も満足させる走り応えと美しい風景が、多くのサイクリストを引き付ける。乗り捨て可能なレンタサイクルも豊富に用意されているので、自分の体力に合わせてお好みの距離でサイクリングを楽しむことが可能だ。それぞれの島には、新鮮な海の幸を生かしたフードや、「はっさく大福」「レモンケーキ」といった名産の柑橘類を使ったスイーツなど、サイクリストに人気のグルメが豊富にそろっている。

しまなみ海道の橋からは絶景を眺められる

 また宿泊施設は広島・尾道に4カ所、愛媛では今治に2カ所、道後温泉に1カ所が用意されているので、好みに合わせてスタート・ゴールを設定できる。

 尾道観光協会の川﨑育造会長は、瀬戸内しまなみ海道について「多島美と橋が織り成す景観で、サイクリングの聖地として国内外のサイクリストを魅了しています」と人気ぶりを語り、「瀬戸内の穏やかな気候に育まれた豊富な海の幸・山の幸もサイクリングを一層引き立てます。是非ご体感ください。お待ちしております」と全国のサイクリストに呼びかけている。

◇         ◇

 「Let’sサイクリング 日本を走ろう」では瀬戸内しまなみ海道のほか、北海道の「とかち帯広サイクリングコース」、静岡「浜名湖サイクリングロード」、沖縄「久米島サイクリングコース」など、全国各地10以上のプランを用意している。

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

サイクリング しまなみ海道

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載