スマートフォン版はこちら

サイクリスト

ロードバイクで車と衝突元MotoGP王者のニッキー・ヘイデンが自転車トレーニング中の事故で重体

  • 一覧
イタリアで車と衝突し、重症を負ったニッキー・ヘイデン(アメリカ、レッドブルホンダ・ワールドスーパーバイクチーム)〔2015年10月、日本GPで撮影〕Photo: Shusaku MATSUO

 オートバイレースの最高峰「スーパーバイク世界選手権」(SBK)に参戦しているニッキー・ヘイデン(アメリカ、レッドブルホンダ・ワールドスーパーバイクチーム)が5月17日、イタリアで自転車に乗車中に車と衝突。頭を打って重体となった。同日付BBCオンライン版などが報じた。

 ヘイデンはロードレース世界選手権シリーズ(MotoGPクラス)に参戦した経験を持ち、2006年のシリーズチャンピオンに輝いている。ヘイデンはSBKイタリアGP出場のためにイタリアに滞在中。SBK公式サイトによると、トレーニングのためロードバイクで走行している最中に事故に巻き込まれたという。

 イタリアでは4月、ミケーレ・スカルポーニ(イタリア、アスタナ・プロチーム)が練習中、車と衝突し、死亡する事故が起きたばかり。オートバイレーサーがロードバイクをトレーニングに取り入れることは珍しくなく、MotoGPに参戦するホルへ・ロレンソや、アレイシ・エスパルガロもその一例とされる。

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

事故・事件

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

ツールド・フランス2017

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載