スマートフォン版はこちら

サイクリスト

5月22日の大会エントリーに先駆け記者発表ポール・スミス氏デザインの「ツール・ド・東北」公式チャリティージャージ 500着限定で販売開始

  • 一覧

 9月16、17日に開催される東日本大震災の復興支援サイクリングイベント「ツール・ド・東北 2017」の記者発表会が5月19日に東京・虎ノ門ヒルズで行なわれた。5月22日からスタートするエントリーに先駆け、英国のファッションブランド「ポール・スミス」デザインによる公式チャリティージャージが500着限定で販売開始となったほか、前回に引き続き広報大使に就任したモデルの道端カレンさんや、今大会に出走する東松島市出身のお笑い芸人「パンサー」の尾形貴弘さんらが「ツール・ド・東北2017」に向けて意気込みを語った。

「ツール・ド・東北 フレンズ」の皆さん。写真左から東北応援大使の中西哲生さん、広報大使の道端カレンさん、お笑い芸人「パンサー」の菅良太郎さん、向井慧(さとし)さん、尾形貴弘さん Photo: Kyoko GOTO

スミス氏「被災地に対する意識や関心を高めたい」

 東日本大震災の復興支援と震災の記憶を未来に残していくことを目的に2013年から開催している「ツール・ド・東北」は、順位やタイムを競うレースではなく、楽しく走るファンライド形式の自転車イベント。10年程度の継続開催を目標の1つとし、節目の第5回を迎える今回は東松島市を舞台とした70kmのグループライド「奥松島グループライド&ハイキング」を新設。さらに募集人員も前回から300人増の4000人に増員するなど、年々規模が拡張している。

ポール・スミス氏デザインの「ツール・ド・東北」公式チャリティージャージ。背面には、「ツール・ド・東北」のコースの一部でもある海岸線が同ブランドの有名なストライプの1つ「サイクルストライプ」で描かれている Photo: Kyoko GOTO

 この日の記者発表では、4月に制作を発表していた英国の有名ファッションブランド「ポール・スミス」が手がける「オフィシャル・チャリティー・サイクルジャージ by Paul Smith」のデザインがお披露目となり、同日より「Paul Smith 公式オンラインショップ」「ツール・ド・東北 オフィシャルグッズページ」で限定500着で販売開始となった。オフィシャルジャージの売上の一部は、東日本大震災の被災地の復興支援を目的とした「ツール・ド・東北基金」に寄付されることになる。

ポール・スミス氏の思いが込められた小さな手描きのユニオンフラッグ(英国の国旗)と日本の国旗のモチーフが胸元に Photo: Kyoko GOTO
4月、被災地の宮城・女川町を視察したポール・スミス氏 Photo: Kenta SAWANO

 オフィシャルジャージの発表にあたり、スミス氏はビデオレターで「大きな被害をもたらした震災と津波、被災した地域や人々に対する意識や関心を高めることができればと心から願っています。私は日本と、日本の人々を愛しています」とメッセージを寄せた。

「パンサー」尾形貴弘さん「生まれ故郷で恩返ししたい」

 同日の記者会見にはこれまでに引き続き「広報大使」に就任したモデルの道端カレンさんと、「東北応援大使」に就任したスポーツジャーナリストの中西哲生さんが登壇。道端さんは大会の魅力として前回初開催となった「グループライド」をあげ、「スポットに語り部の方がいて、当時の震災の様子について話してくれたことがいまも印象深い。ただ走るだけでなく、現地で聞いたことや感じたことを自分たちの生活に戻って共有できることは貴重な体験」と語った。

これまでに引き続き、広報大使に就任したモデルの道端カレンさん Photo: Kyoko GOTO
東北応援大使に就任したスポーツジャーナリストの中西哲生さん Photo: Kyoko GOTO

 一方、中西さんはいまや同大会の代名詞にもなっているエイドステーションでの「応援飯」(おうえんめし)に触れ、「ほたてもさんまのつみれ汁も絶品だけれど、地元のお母さんたちがとにかく元気。その気持ちが入っている応援飯が今年も楽しみ」と語った。

お笑い芸人「パンサー」の菅良太郎さん、向井慧(さとし)さん、尾形貴弘さん Photo: Kyoko GOTO

 新たに「ツール・ド・東北 フレンズ」に加わったお笑い芸人「パンサー」のメンバー、尾形貴弘さんは東松島市野蒜(のびる)地区出身で「東松島ふるさと復興大使」にも任命されている。尾形さんは16日の「奥松島グループライド&ハイキング」を走行し、生まれ故郷である東松島市の魅力を伝える。

 尾形さんは実家が被災し、父親も津波に巻き込まれたが間一髪で助かったエピソードを明かし、「これまで地元を応援してくれたたくさんの人たちに感謝しているし、大会を走ることで恩返ししたい。東松島の復興大使としてしっかり走りたい」と強い思いを語った。

 出走エントリーは、5月22日(月)正午より先着方式で、Yahoo!ショッピング「ツール・ド・東北事務局 ストア」にて開始予定。なお今大会より、1日目と2日目のコースを重複してエントリーすることが可能となっている。

ツール・ド・東北 2017(Tour de TOHOKU 2017) 開催概要

■主催: 河北新報社、ヤフー
■開催日:
9月16日(土) 大会1日目
 奥松島グループライド&ハイキング、牡鹿半島チャレンジグループライド
9月17日(日) 大会2日目
 気仙沼ワンウェイフォンド、気仙沼フォンド
 南三陸フォンド、北上フォンド、女川・雄勝フォンド
■開催場所: 宮城県石巻市・気仙沼市・東松島市・女川町・南三陸町
■会場: 石巻専修大学(スタート&全コースゴール地点)
 ※気仙沼ワンウェイフォンドは、気仙沼プラザホテル前スタート
■募集人員: 4,000人(1日目500人、2日目3,500人)
■募集開始: 一般出走エントリー 5月22日(月)※先着順
■コース・エントリー料(税抜)
 ●9月16日(土)
 ・奥松島グループライド&ハイキング(70km) 9,000円
 ・牡鹿半島チャレンジグループライド(100km) 9,000円
 ●9月17日(日)
 ・気仙沼フォンド(210km) 17,000円
 ・南三陸フォンド(170km) 13,000円
 ・北上フォンド(100km) 10,000円
 ・女川・雄勝フォンド(65km) 8,000円
 ・気仙沼ワンウェイフォンド(100km) 11,000円

「オフィシャル・チャリティー・サイクルジャージ by Paul Smith」

サイズ:XS、S、M、L、XL、XXL(サイズによって販売数が異なる)
数量:限定500着
税抜価格:14,000円
販売店舗:「Paul Smith 公式オンラインショップ」ツール・ド・東北 オフィシャルグッズページ
商品発送:8月上旬を予定

公式Facebook / 公式Twitter / 公式写真

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・東北

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載