スマートフォン版はこちら

サイクリスト

3.8インチの極太タイヤを装備悪路走破し救助へ 神奈川・大和市で「消防ファットバイク隊」発足

  • 一覧
消防ファットバイク隊(大島真生撮影)

 悪路などの走行に適したファットバイクを活用した神奈川県大和市消防職員のチーム「消防ファットバイク隊」の発足式が、「市役所だれでも広場」で開催された。

 同隊は同バイクの機動力を生かし、大規模災害時における初動体制のさらなる強化を図ることを目的としている。同バイクは3.8インチ(約9.6cm)幅の極太タイヤを装着しており、がれきが散乱した悪路や砂利道、雪道などでも走破することが可能。市は同バイクを平成29年3月に20台導入したという。

 同隊では大規模災害時に道路の寸断などで消防車両の通行が困難となった場合、2人1組のチームとなって現場に出動。投げて使うボール型の消火剤や救急セットなども持参し、情報収集や初期消火、応急手当などの任務に当たる。

産経新聞・神奈川版より)

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

神奈川県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載