スマートフォン版はこちら

サイクリスト

より速く、より快適になるしまフレンド神宮店でBGフィットを体験 「ビギナーにこそおススメしたい」

  • 一覧

 サイクルスポーツを楽しむうえで、バイクが体にフィットしないと面白さも半減してしまう。間違ったポジションで乗り続けると疲れやすくなるほか、腰や首に痛みが出ることもあるかもしれない。東京・渋谷区にある「なるしまフレンド神宮店」では店長を務める藤野智一さんをはじめBody Geometry Fit(BGフィット)に認定を受けたフィッターが正しいポジションへと導いてくれる。

バイクと体の隅々まで計測し、「BGフィット」を行う藤野智一さん Photo: Shusaku MATSUO

体の骨格、稼動域に合わせたポジションへ

 BGフィットはアメリカのバイクブランド「スペシャライズド」が提供するバイクフィッティングサービスだ。現在の体の柔軟性、可動域などの状況にバイクを合わせていく方法で、無理にクセを矯正せずに、ニュートラルなポジションを目指すフィッティングとなっている。

なるしまフレンド神宮店でフィッターを務める藤野智一さん(右)とBGフィット被験者の高見澤海人さん Photo: Shusaku MATSUO

 フィッターの認定を受けるためには、スペシャライズドで数日間の講習があるほか、被験者へのフィッティングで経験を積み、試験を通過する必要がある。なるしまフレンド神宮店では昨年の11月に取り入れ、藤野さんと、同じく認定フィッターの小林浩史さんがビギナーから上級者まで幅広くフィッティングしている。

 なるしまフレンド神宮店にBGフィットを受けに来た東京・世田谷区の高見澤海人さん(25)はロードバイクを学生時代から乗り始め、過去にツール・ド・おきなわ市民140kmクラスに3回出場し、完走を果たした。「競技力の向上を目指し、バイクをより体にフィットさせていきたい」と考え、なるしまフレンドの門を叩いた。

タブレットを用いてカウンセリングが行われる Photo: Shusaku MATSUO

 フィッティングを担当した藤野さんは元全日本ロードレース選手権を制した経験を持ち、ビギナーから上級者までが頼りにできる存在だ。高見澤さんは現在の練習時間や目標を藤野さんに話し、カウンセリング形式でBGフィットが始まった。カウンセリングでフィッティングの方向性を見定めた藤野さんは「まずは体の状態を見たいと思います」と話し、高見澤さんの体の計測を始めた。

 計測は専用の器具を使用。座ると座骨の幅や、バランスがリアルタイムでビジュアル化される器具や、足裏の形状がマーキングされるマットが用いられ、パーツの適正サイズが導き出されていく。台の上では体の柔軟性を計測。藤野さんは「人によっては体の柔軟性以上のポジションを取っているかもしれません。頭の先からつま先まで、体の特徴をみていきます」と述べ、19種類にも及ぶ体の計測とカウンセリングに約40分の時間をかけた。

足の形状がマーキングされるマットを使い、最適なシューズ、印ソールのアーチを導き出す Photo: Shusaku MATSUO
リアルタイムで座骨バランスを表示し、最適なサドル幅を計測 Photo: Shusaku MATSUO

マンツーマンで3~4時間

 バイクへと高見澤さんが跨り、ペダリングを開始。藤野さんは膝と脚の角度を計測したほか、ペダリングの姿を見て、体へ余計な負荷がかかっていないかを見極めていく。フィッティングの最中にも「もっとトルクをかけたポジションを取るにはどうしたらいいでしょうか」など積極的に質問をする高見澤さんに対し「柔軟性とペダリングから判断すると、もう少し前傾姿勢を取ってもいいでしょう。クリートのポジション調整も行っていきます」と話し、フィッティングを進めた。

体の柔軟性、骨格などを入念に測る Photo: Shusaku MATSUO

 BGフィットは全ての工程で3~4時間ほどかかり、マンツーマンで行われる。フィッティングが終わった高見澤さんは「今まで殆どフィッティングサービスを行ってきませんでした。シーズンに向けて安心して練習に打ち込めます」と笑顔を見せた。藤野さんは「BGフィットは楽に速く走れるようにバイクを合わせていきます。『ロードバイクに慣れてきた』というレベルのサイクリストにぜひ受けてもらいたいです。買ったままのポジションでは体に合わず痛みが出ることもしばしばあります。怪我防止にもBGフィットは活用できます」とアピールした。TTバイクやトライアスロン用バイクは特に前傾姿勢がきついため、購入時のフィッティングがおススメだという。

被験者の高見澤海人さんの質問に丁寧に答える藤野さん Photo: Shusaku MATSUO

 なお、なるしまフレンド神宮店ではフォローフィットも行っており、最初のフィッティング後1~2カ月の間に再びポジションの相談に無料で乗ってくれる。体に無理な負担をかけず、サイクリングを楽しみたいライダーはバイクと体のフィッティングを見直してみてはいかがだろうか。

BGフィット概要(なるしまフレンド神宮店)

税込料金:21,600円(ロードバイク)、32,400円(タイムトライアル、トライアスロンバイク)※パーツ価格、工賃は含まず
予約:ウェブサイトの専用予約フォームで申込

この記事のタグ

バイクフィット

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載