スマートフォン版はこちら

サイクリスト

ツアー・オブ・ジャパンの地元ステージをPR美脚指南やチーム“仮入団”も 三重・いなべ市でキナンサイクリングチームが交流イベント

by 福光俊介 / Syunsuke FUKUMITSU
  • 一覧

 和歌山・三重両県を本拠とする「キナンサイクリングチーム」が、三重県いなべ市が実施したサイクリング事業に参画して、4月下旬から5月上旬にかけ、一般のサイクリストとプロライダーとの交流や、5月23日に行われるツアー・オブ・ジャパン(TOJ)いなべステージのPRを兼ねたライドイベントを行った。

5月3日の「仮入団!キナンサイクリングチーム~YONEX CARBONEXで周るTOJ50km~」は“一体感”がテーマに。みんなで同じデザインのジャージに身をまとって、チームメイトの気分でライドへ(いなべ市提供)

県内11市町の「三重あそび」 いなべ市はサイクリングで

 今回行われた事業は、全国各地のオモシロ企画を発信する面白企画創造集団「トコナツ歩兵団」によるプロデュースのもと、「三重あそび」として県内11市町が参加する取り組みの一環。サイクリングの街・いなべ市は自転車を通じたプログラムを企画し、TOJいなべステージのホームチームとして同市との縁のあるキナンサイクリングチームも協働して、3つのプログラムを実施した。

 4月29日に行われた「理想の美脚メイク~筋肉美プロサイクリストと学ぶ~」は、正しい筋肉ケアをテーマとした女性の対象の講座。キナンサイクリングチームの阿曽圭佑が講師を務め、自身が日頃行っているトレーニングやストレッチをベースにレクチャーした。途中には、エアロバイクを使ってそれぞれに合った心拍や強度に基づいた有酸素運動も実践。継続して健康維持に務める必要性を説いた。

美脚をテーマに阿曽圭佑がレクチャー(いなべ市提供)
エアロバイクを使って有酸素運動を実践(いなべ市提供)

プロ選手とTOJコースをライド

 5月3、4日は、午前と午後に分けて、いなべ市内でのサイクリングイベントが行われ、3日はキナンサイクリングチームから中島康晴と中西健児が、4日は野中竜馬と雨乞竜己がそれぞれガイド役を務めた。

 午前の部は、「仮入団!キナンサイクリングチーム~YONEX CARBONEXで周るTOJ50km~」と銘打ち、所属選手と同じデザインのキナンサイクリングチームジャージを着用し、チームのオフィシャルサプライヤーでもあるヨネックスのロードバイク「カーボネックス」に跨っての50kmのライドが行われた。今年のTOJから新たに採用される、いなべステージのコースを3周回。ところどころで休憩を挟みながら、選手が過去のTOJの経験を踏まえたコース解説を行った。

「仮入団!キナンサイクリングチーム~YONEX CARBONEXで周るTOJ50km~」では、参加者がヨネックスのロードバイク「CARBONEX」(カーボネックス)を使用。ライド前にポジションチェックを行う Photo: Syunsuke FUKUMITSU
野中竜馬によるTOJコースの解説。自身の経験談も踏まえて効率的な走り方をレクチャーした Photo: Syunsuke FUKUMITSU
プロ選手と“仮入団選手”が一団になって新緑豊かないなべのコースをライド Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 午後には、「仮入部!キナンサイクリングチーム~マイバイクで周るTOJ70km~」と題し、TOJいなべステージのコースを中心とした、いなべ市の魅力を実感できるサイクリング。こちらは走行距離が長くなる分、アクティビティも満載に。3日はガイド役の中島と中西が自転車持ち込み可能な「サイクルトレイン」としても知られる三岐鉄道三岐線へ、4日は野中と雨乞が洋菓子の人気店「Patisserie Cafe こんま亭」をそれぞれ案内した。

「仮入部!キナンサイクリングチーム~マイバイクで周るTOJ70km~」では、サイクルトレインとしても知られる三岐鉄道三岐線に乗車した(いなべ市提供)
参加者にアドバイスを送る中島康晴。要所で止まって、効率的な走り方を説いた(いなべ市提供)

プロ選手と“真剣勝負”も

TOJいなべステージの激坂区間を走る Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 「キナンサイクリングチームへの仮入部・仮入団」がサイクリングのコンセプトだったこともあり、プロ選手顔負けの健脚をアピールする参加者も見られた。活発な先頭交代のローテーションや、TOJいなべステージのコース内でもスプリント勝負など、日頃のライドでは味わえない、刺激的なチャレンジに興じた。

 また、いなべ市内を一望できる丘の頂上では、その眺望に疲れを忘れて感動するなど、ライドにとどまらない楽しみや出会いもあった。

プロ選手相手に激坂アタック! Photo: Syunsuke FUKUMITSU
TOJいなべステージのコースでスプリント勝負。雨乞竜己が持ち前のスピードを披露 Photo: Syunsuke FUKUMITSU
プロのメカニックにバイクチェックしてもらえるのもイベントならでは Photo: Syunsuke FUKUMITSU
70km参加者で絶景ポイントの記念撮影。バックには中里ダムが見える Photo: Syunsuke FUKUMITSU

地元レースを積極的に盛り上げ

 参加者は一様に、プロ選手とのライドに「的確なアドバイスをもらえてうれしかった」「夢がかなった」と述べ、満足した様子。イベント各回終了時には、即席のサイン会や写真撮影会、メカニック相談会も催され、自転車を通じたコミュニケーションは大いに盛り上がった。

プロ選手の牽引で一団になってゴールを目指す Photo: Syunsuke FUKUMITSU
一緒に走った選手と記念撮影 Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 いなべ市との共同事業を成功させたチームは、シーズン前半の山場であるTOJに向けた準備を進めていく。大会は21日から28日まで、そして23日にはホームステージとなるいなべでの戦いが待ち受ける。当日はキナンサイクリングチームブースが出展し、選手・スタッフがそろってチームのPRや応援の呼びかけを行う。

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

イベント

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載