スマートフォン版はこちら

サイクリスト

ジロ・デ・イタリア2017 第3ステージ横風区間で抜け出た小集団をガビリアがスプリントで制す マリアローザも獲得

  • 一覧

 ジロ・デ・イタリア第3ステージが5月7日、トルトリからカリアーリまでの148kmで開催され、終盤の横風区間で抜け出した小集団のスプリントを制したフェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)がステージ優勝を飾った。ボーナスタイムを獲得したガビリアは総合首位となり、マリアローザを獲得した。

伸びをみせ、先頭でゴールするフェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ) Photo: Yuzuru SUNADA

横風区間で中切れを誘発

逃げ続けたイヴァン・ロヴニー(ロシア、ガスプロム・ルスヴェロ)、ヤン・トラトニク(スロベニア、CCCスプランディ・ポルコヴィツェ)、エウゲルト・ズパ(アルバニア、ウィリエール トリエスティーナ) Photo: Yuzuru SUNADA

 ほぼフラットなコースレイアウトで、距離も短い第3ステージは追い風基調の影響もありハイスピードにレースが展開。序盤からイヴァン・ロヴニー(ロシア、ガスプロム・ルスヴェロ)、ヤン・トラトニク(スロベニア、CCCスプランディ・ポルコヴィツェ)、エウゲルト・ズパ(アルバニア、ウィリエール トリエスティーナ)の3人が逃げグループを形成し、レースをリードした。

 残り30kmまで逃げた3人だが、メイン集団の視界に捉えられた。トラトニクが1人で粘り、残り20kmまで独走したことで、最も逃げた選手に贈られる「フーガ賞」を獲得。その後、メイン集団へと吸収された。

マリアローザを第2ステージで獲得したアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル) Photo: Yuzuru SUNADA

 強風が吹き荒れた影響で、メイングループ内ではそれぞれのチームメイト同士がまとまり、隊列を組んで進んだ。ポジションを落とさないために左右からチーム単位で前へ前へと上がろうとし、ラインが入り乱れる。進行方向に対して向かい風だったが、ラスト10km付近から横風へと変わると、クイックステップフロアーズがすかさずペースアップ。エシュロン(横風に対するローテーション隊列)を組み、集団の中切れを誘発させた。

 この動きで、メイン集団はバラけ、クイックステップフロアーズ6人を含む10人が逃げグループを形成。マリアローザを着用していたアンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル)の姿もあったが、一瞬のメカトラブルにより脱落し、後方グループからゴールスプリントを狙った。

 先頭ではルクセンブルクチャンピオンのボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、クイックステップフロアーズ)を中心に、後方集団の引き離しにかかる。エーススプリンターのガビリアが含まれ、ステージ優勝を狙えるほか、マリアローザを手にする可能性があるためだ。

横風区間でエシュロンを組み、ペースアップを図るクイックステップフロアーズ Photo: Yuzuru SUNADA

 15秒ほどのリードを築くことに成功した先頭グループでは、7人でのゴールスプリントが行われ、チームメイトの活躍にアシストされたガビリアが伸びをみせ優勝。2位にはリュディガー・ゼーリッヒ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)が入り、3位はイタリアチャンピオンのジャコモ・ニッツォーロ(イタリア、トレック・セガフレード)が入った。後方集団は13秒遅れでゴールし、先頭はカレイブ・ユアン(オーストラリア、オリカ・スコット)だった。

ステージ優勝とともに、マリアローザを獲得したフェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ) Photo: Yuzuru SUNADA

 ガビリアはゴールで獲得したタイム差とボーナスタイムを合わせ、総合首位へと浮上。総合2位のグライペルに9秒差をつけた。ガビリアは新人賞の対象であり、マリアビアンカも手にしている。

 9日に開催される第4ステージはチェファルからエトナまでの181kmで開催。標高1512mの2級山岳を超え、ラストは1892mの1級山岳頂上でゴールする山岳ステージとなる。タイム差がつきやすいコースレイアウトのため、総合を狙う選手による活躍が期待される。

第3ステージ結果
1 フェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ) 3時間26分33秒
2 リュディガー・ゼーリッヒ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) +0秒
3 ジャコモ・ニッツォーロ(イタリア、トレック・セガフレード) +0秒
4 ネイサン・ハース(オーストラリア、ディメンションデータ) +0秒
5 マキシミリアーノ・リケーゼ(アルゼンチン、クイックステップフロアーズ) +0秒
6 カンスタンティン・シウツォウ(ベラルーシ、バーレーン・メリダ) +3秒
7 ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、クイックステップフロアーズ) +3秒
8 カレイブ・ユアン(オーストラリア、オリカ・スコット) +13秒
9 サーシャ・モードロ(イタリア、UAEチームエミレーツ) +13秒
10 アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル) +13秒

個人総合(マリアローザ)
1 フェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ) 14時間45分16秒
2 アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル) +9秒
3 ルーカス・ペストルベルガー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ) +13秒
4 ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、クイックステップフロアーズ)
5 カンスタンティン・シウツォウ(ベラルーシ、バーレーン・メリダ)
6 カレイブ・ユアン(オーストラリア、オリカ・スコット) +17秒
7 ロベルト・フェラーリ(イタリア、UAEチームエミレーツ)
8 ライアン・ギボンズ(南アフリカ、チーム ディメンションデータ) +23秒
9 エンリーコ・バッタリーン(イタリア、チーム ロットNL・ユンボ)
10 ゲラント・トーマス(イギリス、チーム スカイ)

ポイント賞(マリアチクラミーノ)
1 アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル) 81pts
2 ダニエル・テクレハイマノ(エリトリア、チーム ディメンションデータ) 74pts
3 フェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ) 72pts

山岳賞(マリアアッズーラ)
1 ダニエル・テクレハイマノ(エリトリア、チーム ディメンションデータ) 20pts
2 チェザーレ・ベネデッティ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ) 9pts
3 オマール・フライレ(スペイン、ディメンションデータ) 8pts

新人賞(マリアビアンカ)
1 フェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ) 14時間45分16秒
2 ルーカス・ペストルベルガー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ) +13秒
3 ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、クイックステップフロアーズ) +13秒

チーム総合
1 クイックステップフロアーズ 44時間16分21秒
2 ボーラ・ハンスグローエ +23秒
3 バーレーン・メリダ +26秒

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー ジロ・デ・イタリア2017 ジロ2017・レース詳報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載