スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

旅サイクリスト昼間岳の地球写真館<49>古代のロマンを感じるグレートジンバブエ遺跡 世にも珍しい石を積み上げた神殿

by 昼間岳 / Gaku HIRUMA
  • 一覧
丘の上に建つ神殿。巨石との融合が見事 Photo: Gaku HIRUMA

【2013年8月】ジンバブエ

 アフリカのジンバブエに、その国名の由来になったグレートジンバブエという遺跡があった。周辺地域に遺跡らしいものは分布しておらず、突然この地にポツンと現れる遺跡に興味をひかれ、やって来た。

なぜこの地にこれほどの文明が栄えたのか詳しくは解らない Photo: Gaku HIRUMA

 近くの町に宿を取り、荷物を置いて弁当とコーヒーを入れたポットを持って片道30kmの道を空荷の自転車でひた走り、遺跡までやって来た。遺跡に着くと小高い花崗岩の丘の上に神殿が建っているとのことだった。下から石積みの階段が延々と続いており、巨石の合間を縫って道が作られている。

 山頂付近で視界が開けると神殿が見渡せた。巨石の自然石と花崗岩を流動的に積み上げて、艶めかしいほどの見事な神殿を作り上げていた。驚くことに、ここの石組はモルタルなどを一切使わずにただ積み上げているだけの世界的にも珍しい造りらしい。

「自転車に乗ってみたい」と陽気なジンバブエ人 Photo: Gaku HIRUMA

 ただこの遺跡は、初期調査での白人中心のずさんな調査と、出土品や調査報告の破棄により詳しい過去が分かっていないという。しがみつくように岩を登り、ようやく王が講演をしていたとされる一番上の玉座へ出た。

 ほとんど観光客のいないこの遺跡で、玉座に腰を下ろし、気持ちの良い風を受けながらコーヒーをゆっくりと飲む。詳しい事は解っていなくても古代のロマンを十分に感じさせてくれる遺跡だった。

玉座に座り、想いをはせる。眼下には遺跡が見渡せる Photo: Gaku HIRUMA

昼間岳昼間岳(ひるま・がく)

小学生の時に自転車で旅する青年を見て、自転車で世界一周するという夢を抱いた。大学時代は国内外を旅し、卒業後は自転車店に勤務。2009年に念願だった自転車世界一周へ出発した。5年8カ月をかけてたくさんの出会いや感動、経験を自転車に載せながら、世界60カ国を走破。2015年4月に帰国した。ブログ「Take it easy!!

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

旅サイクリスト昼間岳の地球写真館

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載