スマートフォン版はこちら

サイクリスト

東海地方のシリーズ戦ロードレースゴール目前も…落雷でレース中止 選手・観客を守る決断 キナンAACAカップ第4戦

by 福光俊介 / Syunsuke FUKUMITSU
  • 一覧

 東海地方を転戦するロードレースシリーズ「KINAN AACA CUP」の2017年シーズン第4戦が4月29日に行われ、メインカテゴリーの1-1クラスは、レース終盤に襲った落雷により打ち切りに。フィニッシュを目前とするタイミングではあったが、選手たちの安全と、目まぐるしく変化する天候への対応を重視して判断を下した。

1-1 カテゴリーのスタート Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 会場となった国営木曽三川公園 長良川サービスセンター前特設コース周辺の天気は、午後から雨の予報。一方で、午前は晴れ模様だったこともあり、ひとまずは予定通りプログラムを進行することとなった。迎えた1-1クラス(102km、5.1km × 20周回)は正午にスタート。この段階でも青空が広がり、暖かい日差しが選手たちを照らしていた。

 ホストチームのキナンサイクリングチームからは山本元喜、椿大志、阿曽圭佑、中西健児、野中竜馬、雨乞竜己、中島康晴の日本人フルメンバーが出走し、力のあるところを見せるべくスタートラインについた。

序盤に形成された逃げグループ Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 長良川沿いのコースはおおむね平坦。南北に往復するルートは、ときに風向きがレース展開に変化を及ぼしたが、スタートしてしばらくは穏やか。2周回目には7人が飛び出し、メイン集団はしばらくして前を行くメンバーを容認する格好となった。

 逃げメンバーは6人に減り、入部正太朗(シマノレーシング)、中村龍太郎(イナーメ信濃山形)に、インタープロサイクリングアカデミーから水野恭兵と吉田悠人、キナンからは野中と中島が入りレースをリードした。メイン集団は東京ヴェントスが主にコントロール。40秒から45秒の差で推移したが、中盤に入る頃には1分以上の開きとなった。

逃げグループは6人に落ち着く Photo: Syunsuke FUKUMITSU
メイン集団は東京ヴェントスが40秒から45秒差で進める Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 レース中盤、メイン集団では逃げグループとのタイムの開きを嫌う選手たちがアタックを試みた。椿の飛び出しをきっかけに数人が続き、これに山本、さらにはシリーズリーダーのトム・ボシス(インタープロサイクリングアカデミー)が加わり、5人の追走グループが形成された。この頃には逃げは1人脱落し、5人となる。前後での勢いの差は明らかで、追走メンバーが前を行く5人に追いつくと見られた。

コーナーを攻める逃げグループ Photo: Syunsuke FUKUMITSU
レース中盤に形成された追走グループ Photo: Syunsuke FUKUMITSU
単独で逃げグループへのブリッジを試みる椿大志 Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 その状況で山本が再びアタックし、独走を狙う。これは上手くいかなかったが、代わって椿がカウンターアタック。ほかの追走メンバーはメイン集団へと戻され、椿だけが前方をうかがう。ペースが落ちたメイン集団の一方で、逃げグループへ椿が合流しブリッジに成功。タイミングをほぼ同じくして、逃げメンバーがペースアップし、脚のあるメンバーだけが生き残る格好となった。

 一時は40秒差となった逃げとメイン集団とのタイム差だったが、終盤を迎えて再び1分差となり、逃げ切りが濃厚な状勢となった。優勝を争うのは入部、中村、キナンの野中と中島。序盤から逃げていたインタープロ勢と途中合流の椿は遅れ、4人による勝負となった。最終局面を意識して進んだ4人だったが、ここで天候が急変。厚い雲が立ち込め、雷鳴が轟いた。

4人に絞られた逃げグループ。上空に厚い雲が立ち込める Photo: Syunsuke FUKUMITSU
レースの中止が告げられ、コースから出るプロトン Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 この段階で、主催者と審判団との協議によりレースが一時中止。選手をコース外へと送り、天候の回復を待ったが、風雨が強まったためレースの打ち切りが決まった。 その後のレースプログラムも含めて、すべて実施しないこととなった。そのため、好勝負が繰り広げられていた1-1クラスはノーリザルトに。選手や関係者、観戦に訪れていたファンの安全性を第一とした決定が下された。

 第4戦は思わぬ形で終わってしまったが、次戦が翌週の5月7日に行われるとあって、今回不完全燃焼となった選手たちにとっては仕切り直しの意味合いもありそうだ。なお、第5戦は「日本アマチュアグランプリ個人タイムトライアル」と称して、非公式ながらアマチュア選手のタイムトライアル日本一を決める戦いが行われる。20kmで争われ、優勝者にはキナンAACAカップ2017年シリーズで着用できるチャンピオンジャージが贈呈される。また、2~4人編成によるチームTTも実施され、いつもとは趣きの異なる大会に大きな盛り上がりが期待される。

「風対策」講座とキッズ限定オープニングラン

椿大志が身振り手振りを交えて動き方を説明する Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 キナンAACAカップ毎回恒例となっている「レーススキルアップ講座」は今回、「風対策」として横風が強い場合の走り方をテーマとして行った。実際に隊列を組み、風向きに対しての動きを確認。特にこの日は天候の悪化が予想されていただけに、参加者は真剣な姿勢で、講師を務めたキナンの選手たちによる説明に耳を傾けた。

 また、1-1クラスカテゴリーのスタート前には、キッズ限定のオープニングランが行われた。実際にレースで使用されるコースを用いて、キナンの選手と一緒にサイクリング。なかには、プロライダー顔負けのアタックを繰り出すちびっこライダーも現れ、その姿に選手たちもたじたじ。自転車とヘルメット、グローブの持参のみで気兼ねなく参加できるとあって、子供たちにも、そして記念撮影や応援に講じたママやパパにとっても素敵な記念となった。

レーススキルアップ講座参加者とキナンサイクリングチームメンバーで記念撮影 Photo: Syunsuke FUKUMITSU
オープニングランのスタート Photo: Syunsuke FUKUMITSU

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

AACAカップ キナン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載