スマートフォン版はこちら

サイクリスト

ツール・ド・ロマンディ2017 第4ステージサイモン・イェーツ、山頂ゴールでリッチー・ポートとの一騎打ち制す 総合首位に浮上

  • 一覧

 スイスが舞台のUCIワールドツアー「ツール・ド・ロマンディ」第4ステージが4月29日に開かれ、1級山岳頂上ゴールでサイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット)がリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシングチーム)との一騎打ちを制してステージ優勝、総合でも首位に浮上した。新城幸也(バーレーン・メリダ)はステージ67位、別府史之(トレック・セガフレード)は104位でフィニッシュし、最終ステージに駒を進めた。

リッチー・ポートとの一騎打ちをサイモン・イェーツが制した Photo: Yuzuru SUNADA

 ドンディディエからレザンまでの163.5kmで1級が3つ、2級が1つの厳しい山岳ステージ。勝負どころの最後の山岳を前に、イェーツはメイン集団から飛び出し、逃げていた選手たちに合流した。メイン集団が最後の上りに入ると、ポートは圧倒的な登坂力を発揮し、先行するイェーツらに単独で追いついた。

逃げていた選手たちに合流し、先頭を走るサイモン・イェーツ Photo: Yuzuru SUNADA
雪山の美しい山岳地帯を走るプロトン Photo: Yuzuru SUNADA

 驚異的な追い上げを見せたポートについていけたのはイェーツのみ。勢いに乗るポートが先頭を引く場面が目立ったが、ゴール前のスプリントではイェーツが上回った。両手を大きく掲げたガッツポーズでステージ優勝を飾り、総合では2位のポートに19秒差をつけての首位に立った。最終日は18.3kmの個人タイムトライアルで争われる。

■第4ステージ結果
1 サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット) 4時間10分3秒
2 リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシングチーム) +0秒
3 エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) +30秒
4 ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシングチーム) +43秒
5 リゴベルト・ウラン(コロンビア、キャノンデール・ドラパック) +52秒
6 ディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAEチームエミレーツ) +52秒
67 新城幸也(バーレーン・メリダ) +5分40秒
104 別府史之(トレック・セガフレード) +22分23秒

■個人総合時間
1 サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット) 16時間50分35秒
2 リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシングチーム) +19秒
3 エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) +38秒
4 ファビオ・フェッリーネ(イタリア、トレック・セガフレード) +44秒
5 ヘスス・エラダ(スペイン、モビスター チーム) +52秒
6 プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、チーム ロットNL・ユンボ) +53秒
80 新城幸也(バーレーン・メリダ) +17分3秒
132 別府史之(トレック・セガフレード) +58分38秒

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載