スマートフォン版はこちら

サイクリスト

ニバリ「耐えられない!わが友よ」ミケーレ・スカルポーニ、練習中の交通事故で死亡 チーム・アスタナのキャプテン

by マルコ・ファヴァロ / Marco FAVARO
  • 一覧

 イタリア中部マルケ州で4月22日午前8時ごろ、アスタナ プロチームの強豪選手、ミケーレ・スカルポーニ選手が軽トラックにはねられ、死亡した。37歳の若さだった。4月17日に「ツアー・オブ・アルプス」でステージ優勝を飾り、地元に帰ったばかりのスカルポーニ選手は、負傷したチームメイトのファビオ・アル(イタリア)の代わりに、5月開幕の第100回ジロ・ディタリアに同チームのキャプテンとして出場するはずだった。

練習中に事故死したミケーレ・スカルポーニ選手(右)(2015年4月のリエージュ~バストーニュ~リエージュで) Photo:Yuzuru SUNADA

 イタリア国営テレビによると、スカルポーニ選手は練習のために家を出発。交差点に進入してきた軽トラックにはねられて体を強く打ち、病院に搬送される前に死亡したという。軽トラックを運転していた57歳の男性が交差点に進入する際に注意を怠り、スカルポーニ選手に気がつかないまま発進した模様。警察は運転手を現行犯逮捕し、事故原因などを詳しく調べているという。

イタリアでは特番も放送

イタリア全国紙「コッリエレ・デッラ・セーラ」オンライン版で報じられた事故(4月22日付)

 この事故をイタリア全国の各メディアが一斉にトップニュースで報道し、ことの重大さを物語っている。イタリア国営テレビのニュースチャンネルでは、すでに特集番組が放送された。

 イタリアオリンピック組織委員会は、22日に国内で行われるすべての自転車イベントの組織委員会に対し、1分間の黙とうを行うように通達したという。

選手や関係者にも衝撃

 この痛ましいニュースは、イタリア国内外の関係者らに大きな衝撃を及ぼした。Facebook, Twitter, Instagram上には、スカルポーニ選手とともに活躍をした同僚選手、スタッフ、関係者はもちろん、ファンたちの追悼のメッセージがあふれた。

 昨年までアスタナ・プロチームに所属していたヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ)はTwitterで、「Non lo so, non ce la faccio! Non ho parole, amico mio (信じられない。耐えられない!わが友よ、言葉が出ない)」とつぶやいた。

 ランプレでレースを共にしたダミアーノ・クネゴ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)はFacebookで、「Ieri mattina ti avevo promesso che ti avrei mandato una foto what’s app , io e te assieme a San Francisco , nel 2002 da neo prof !!! Non potro’ piu’ farlo.La terro’ per sempre con me , nel mio cuore!(昨日の朝、『2002年に私たちがプロになったばかりの時にサンフランシスコで撮った写真を送るよ』と伝えたばかりですが、もうできない。心の奥にずっとその思い出を大事にします)」

愛されたキャラクター

 スカルポーニ選手は2011年にジロ・ディタリアを総合優勝。努力家として知られ、ヒルクライムとグランツールを得意としていた。2002年、マリオ・チポッリーニが所属していたアクア・エ・サポーネチームでプロになり、アンドローニ・ジョカットリやランプレなどを経て、2014年にアスタナ・プロチームに移籍。ニバリをはじめ、ファビオ・アルのアシストとして大活躍した。

 親しみやすい明るい性格で、チームのムードメーカーだった。ファンに対しても低姿勢で多くのファンに愛された。妻と幼い子供を残しての訃報となった。

関連記事

この記事のタグ

事故・事件

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載