スマートフォン版はこちら

サイクリスト

和歌山・橋本市の紀北自動車学校で「車道は左側を通行」など自転車の乗り方学ぶ 自動車学校で恒例のキッズスクール

  • 一覧
教習指導員のアドバイスを受けながら自転車に乗る児童ら(山田淳史撮影)

 和歌山県橋本市高野口町の紀北自動車学校で4月14日、毎年恒例の「紀北自学セイフティキッズスクール」が行われ、地元の児童らが自転車の正しい乗り方などを学んだ。

 スクールには、市立高野口小学校と市立信太(しのだ)小学校の6年生計約50人が参加した。まず教習指導員から「車道は左側を通行」「夜間はライトを点灯」など安全運転に必要なことを学んだ後、自転車のサドルをまたいだ際に両足が地面につくかなどをチェック。交差点などでは一時停止し、左右を確認後に進むといったルールを守りながら、実際に自転車を運転した。

 高野口小の池田瞳月(しづく)さん(11)は「今日学んだことを生かし、事故に遭わないように気をつけたい」と話していた。

産経新聞・和歌山版より)

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド 和歌山県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載