スマートフォン版はこちら

サイクリスト

2019年の実用化目指すブリヂストンが空気充填不要の自転車用タイヤを開発 樹脂ならではの新デザイン

  • 一覧

 ブリヂストンとブリヂストンサイクルが、タイヤの空気充填を不要とする技術「エアフリーコンセプト」の実用化に向けた取り組みのひとつとして、パンクの心配がない自転車向け次世代タイヤを開発した。今後、市場性評価などを進め、2019年の実用化を目指す。

エアフリーコンセプトを用いて開発された、空気充填不要のタイヤ ©ブリヂストンサイクル

 エアフリーコンセプトは、タイヤ側面の特殊形状スポークにより荷重を支えることで、タイヤへの空気充填を不要とする技術。また、材料にリサイクル可能な樹脂やゴムを使用することで、資源の効率的な活用にもつながる。

 さらに、スポークに使用する樹脂ならではのデザイン自由度を最大限に生かして、従来にない次世代型自転車の提案が可能となった。

エアフリーコンセプトのタイヤを装着した自転車 ©ブリヂストンサイクル

 4月30日に福岡県久留米市、6月4日に横浜市で開催されるイベント「ブリヂストン×オリンピック×パラリンピック a GO GO!」などで、エアフリーコンセプトを用いたタイヤを装着した自転車の試乗会が行われる予定。ユーザーの意見も取り入れながら、実用化に向けた検討を進めていくという。

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

ブリヂストンサイクル

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:千葉競輪パワースポーツ講座

スペシャル

SBAA動画

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載