スマートフォン版はこちら

サイクリスト

「奥松島グループライド&ハイキング」を新設「ツール・ド・東北」2017年大会概要発表 5月22日から一般エントリー開始

  • 一覧
2016年のツール・ド・東北で初開催されたグループライドの参加者たち Photo: Kyoko GOTO

 東日本大震災の被災地復興を支援するサイクリング大会「ツール・ド・東北」の2017年大会概要が発表された。9月16、17日の2日間で開催される今年は、初日のグループライドコースが2コースに増加。前年に開催された「牡鹿半島チャレンジグループライド」に加え、宮城県東松島市を舞台とする「奥松島グループライド&ハイキング」が新設された。5月22日から一般出走エントリーの受け付けを先着順で開始する。

初級者も参加しやすい絶景コース

ツール・ド・東北2017のコースマップ ©河北新報社 ©Yahoo! JAPAN

 新設する「奥松島グループライド&ハイキング」は、奥松島エリアの風光明媚なルートをグループで走る約70kmのコース。途中の休憩ポイントでは自転車を下りて、「松島四大観」に数えられる大高森のハイキングを楽しむことができ、標高約105mの展望台からは、松島湾に浮かぶ260余りの島々を一望する絶景を堪能できる。

 また、「震災遺構」となった旧野蒜(のびる)駅舎を利用した震災伝承館に立ち寄るなど、観光の要素を織り交ぜながら同大会の新しい巡り方を提案する。比較的平坦な道のりが続くので、初級者でも参加しやすいコースだ。コース上に設置される数カ所の休憩ポイントでは、地元の旬の食材を生かしたフードを楽しむことができる。

昨年の牡鹿半島グループライドの様子。「おしか御番所公園」で金華山を背に記念撮影する参加者 Photo: Kyoko GOTO

 昨年の第4回大会では、宮城県の通年型サイクルツーリズム推進事業の一環として、三陸海岸の最南端に位置する牡鹿半島を周回する「牡鹿半島チャレンジグループライド」を新設したが、同様に「奥松島グループライド&ハイキング」も宮城県のサイクルツーリズムの推進を目的とした「ルート第2弾」として位置付けている。

 昨年までの気仙沼フォンド(210km)、南三陸フォンド(170km)、北上フォンド(100km)、女川・雄勝フォンド(65km)、 気仙沼ワンウェイフォンド(100km)の全5コースは従来通りのコース設定。第4回大会に「ツール・ド・東北クルー」(大会運営ボランティア)として参加した人には優先出走権が与えられ、希望者はエントリー申し込みサイトから「エントリー区分 優先出走ライダー」の詳細を確認できる。

牡鹿半島グループライドのランチ。鮎川の名物「クジラステーキ」のお弁当を手渡すボランティアの女性 Photo: Kyoko GOTO

 復興支援と震災の記憶を未来に残すことを目的として2013年から開催している「ツール・ド・東北」は、10年程度の継続開催を目標の1つに掲げている。第5回を迎え、節目となる今大会では「ツール・ド・東北 2017」オフィシャル・チャリティー・サイクルジャージのデザインを英国ファッションブランドの「ポール・スミス」が手がけるといったコラボレーションも実現している。

ツール・ド・東北 2017(Tour de TOHOKU 2017) 開催概要

■主催: 河北新報社、ヤフー
■開催日:
9月16日(土) 大会1日目
 奥松島グループライド&ハイキング、牡鹿半島チャレンジグループライド
9月17日(日) 大会2日目
 気仙沼ワンウェイフォンド、気仙沼フォンド
 南三陸フォンド、北上フォンド、女川・雄勝フォンド
■開催場所: 宮城県石巻市・気仙沼市・東松島市・女川町・南三陸町
■会場: 石巻専修大学(スタート&全コースゴール地点)
 ※気仙沼ワンウェイフォンドは、気仙沼プラザホテル前スタート
■募集人員: 4,000人(1日目500人、2日目3,500人)
■募集開始: 一般出走エントリー 5月22日(月)※先着順
■コース・エントリー料(税抜)
 ●9月16日(土)
 ・奥松島グループライド&ハイキング(70km) 9,000円
 ・牡鹿半島チャレンジグループライド(100km) 9,000円
 ●9月17日(日)
 ・気仙沼フォンド(210km) 17,000円
 ・南三陸フォンド(170km) 13,000円
 ・北上フォンド(100km) 10,000円
 ・女川・雄勝フォンド(65km) 8,000円
 ・気仙沼ワンウェイフォンド(100km) 11,000円

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・東北 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載