スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

Cyclist編集部が4人にインタビュースポーツサイクルの楽しさ伝える人材に あさひが初めての新入社員サイクリング

  • 一覧

 「サイクリングって楽しい」。その気持ちを来店者と共感できる人材を育てようと、サイクルベースあさひを展開する株式会社あさひが、新入社員研修に初めてサイクリングを取り入れた。「お客様満足」を引き出すため、社員の「人間力」向上に徹する同社の人づくりの現場を取材した。
←「スポーツスペシャリティーストア」に見るあさひの本気度

あさひの研修でサイクリングも体験し、スポーツサイクルの楽しさを分かち合った新入社員たち Photo: Naoi HIRASAWA

未経験者でも魅力を味わえるコース

店舗への配属前に、必要な知識・技能を身につける新入社員研修 Photo: Naoi HIRASAWA

 2017年の新入社員は106人。研修は4月3~11日に和歌山・南紀白浜で行われ、新入社員たちは接客の基本やレジ打ちなどの実務を学び、研修が全て終わるとすぐ全国各地の店舗に配属された。社員の基礎を固めるこの研修に、今年はサイクリングが加わった。

 あさひは近年、スポーツサイクル専門店「スポーツスペシャリティーストア」(SSS)の店舗数を増やすなどスポーツの分野に力を入れている。総務部人材開発セクションマネジャーの水谷広一さんは、「自分たちが乗らないとお客さまに自転車の魅力は伝わらない。社員全員が乗らなければ」とサイクリングを企画した意図を語った。

 「各エリアごとの取り組みで、ジャイアントなどのバイクブランドから自転車を借りて、試乗会を行うことはありましたが、研修の一環として、新入社員がサイクリングをする機会は会社として作っていませんでした。新入社員にはスポーツサイクルに乗ったことがない人もいるので、きっかけになれば」との思いで、初の試みに踏み切った。自身も2016年11月、幹部らと台湾一周サイクリング「フォルモサ900」を完走し、率先してスポーツサイクルの楽しみ方を体感。「従業員が、スポーツサイクルの楽しさを知ることが大事。まずはベースを作りたい」という、先を見据えての第一歩だ。

新入社員研修を統括する総務部人材開発セクションマネジャーの水谷広一さん Photo: Naoi HIRASAWA
熱心に研修に取り組む新入社員たち Photo: Naoi HIRASAWA

 106人の新入社員は、スポーツサイクルが好きで自分で整備できる技量をもっている人や、まったくの未経験者が入り混じる。そこでサイクリングには、距離は10km弱と短めだが、見どころが多く上りも下りもあるコースが用意された。「花見や観光もしつつ、楽しみ方の発見に繋がれば」と、初心者でもスポーツサイクルの魅力を堪能できるプランが盛り込まれた。

雨で中止も…“有志ライド”を開催

目一杯こいで坂を上る(あさひ提供)

 ところがサイクリング予定日は終日の雨予報で、開催は絶望的。そこで、ちょうど休日だった前日に、有志によるサイクリングが急遽実施された。事前に予定を入れていて参加できない人もいたが、休みにも関わらず新入社員の約4割の40人余りが集まった。

 サイクリングにはロードバイクやマウンテンバイク(MTB)、クロスバイクにスポーツ小径車などさまざまな車種が用意された。新入社員たちは自分が乗りたい自転車を自由に選んでスタート。初心者たちは出発からすぐの上り坂で、ママチャリとの違いを実感することになった。

 ミニベロに乗った徳原葵さんは「坂がきつかったけれど、途中でクロスバイクと交換して乗り方の違いがよく分かりました。自分で上ったという達成感がとても良かったです」と笑顔で振り返った。

新入社員たちが乗る自転車は小径車やMTBなどさまざま(あさひ提供)
岩盤が広がる「三段壁」で記念写真(あさひ提供)
スポーツサイクルの魅力を知り「景色のいい場所を走りたい」と話した奥田瑞樹さん Photo: Naoi HIRASAWA

 「これまで自転車は移動手段だった」という奥田瑞樹さんは、クロスバイクを選択。「今までママチャリで上っていた坂より急だったのに、クロスバイクだと本当に軽く感じました」と爽快なライドを満喫した。

 上り坂の先には歓迎するかのように桜が咲き、海岸沿いではダイナミックに切り立つ断崖「三段壁」などの風景が広がった。新入社員たちは、休憩時間にバイクを交換して積極的に乗り比べをするなど、車種によって異なるスポーツサイクルの乗り味を体感していた。

海岸沿いを走る(あさひ提供)
景勝地の三段壁(あさひ提供)

「自転車のことを話す顔が一番いい」

 スポーツサイクル未経験者もいる一方で、サイクルベースあさひでアルバイトとして経験を積んできた“生え抜き”の新入社員もいる。学生時代から3年半のアルバイトを経た華浙男(カ・ツナン)さんは「仕事も人生も自転車に捧げようと思い就職しました」と決意を語る。自転車安全整備士の免許は取得済みで、ピット作業も担ってきた。「『自転車のことを話しているときの顔が一番いい』とお客さまに言われました」と話す笑顔が、自転車へ思いを物語っている。

「自分で設計した自転車を作りたい」と将来の目標を語った華浙男(カ・ツナン)さん Photo: Naoi HIRASAWA

 配属先はSSSに決まり、店舗見学に行くと、品ぞろえの豊富さや幅広い客層に驚かされた。「他のスポーツに比べ自転車は、体への負担が少ないからか、年配の方が多かったです。快適性、速さなどのスポーツ性を求める方もいますが、色々な要望に応えられます」とスポーツサイクル文化を広める役割にも意欲を燃やした。「ビギナーは値段をよく見ています。かけるべき部分には妥協なく、用途に合ったもの、体に合ったものをお薦めしていきたいです」とニーズに合わせてアドバイスすることも忘れない。

女性サイクリスト増やしたい

 BMX、MTB、ロードバイク、クロスバイクに乗っている金垣綾さんは「趣味が本業になりました。天職です」と喜んだ。自転車を始めた頃、ブレーキの音鳴りで近所の自転車店にメンテナンスに出したがその箇所が直っておらず、サイクルベースあさひに持ち込むと「試乗して確かめていいですか?」と確認して直してくれたという。その出来事に魅力を感じてアルバイトを始め、2年半ほど務めた。

ロードバイク、MTBなどの経験を、接客やピット作業に生かしている金垣綾さん Photo: Naoi HIRASAWA

 勤務していた店舗の女性副店長に憧れ「その人のようになりたい」と目標にする。「ピット作業に入ると、女性だから『あなたがいじれるの?』とお客さまから心配されることが多かった」という苦悩を抱えながらも、「私は負けず嫌い。性別に関係なくできるということを証明したい」と練習、勉強を欠かさず、8月の整備士試験に向けた準備は大詰めを迎えている。

 女性サイクリストを増やすことも目標の一つ。女性が大きな関心を抱く美容に関しては「有酸素運動なのですごくやせた」「肌がきれいになった」といった実体験からアドバイスができるし、「カフェやおいしいパン屋さん巡り」「カップル・友達同士で走る」など色々なスタイルがあることも、女性にとって魅力的な部分をアピールしていきたいという。

インタビューに答える新入社員たち。4名とも有志のサイクリングに参加した Photo: Naoi HIRASAWA
インターンシップを経て入社した徳原葵さん Photo: Naoi HIRASAWA

 そんな経験者たちの存在が、未経験の仲間たちに刺激を与えている。徳原さんは「同期はスポーツサイクルに乗っている人が多くて、膨大な知識が必要になってくることを痛感しました。人の倍は努力して勉強しなければ」と気を引き締めた。奥田さんは「ボルトの締め方ひとつで転ぶことにつながる」ことから整備の重要さを真摯に受け止めるとともに、スポーツサイクルの楽しさを伝えることに目を向けている。

 結局、予定していた日のサイクリングは雨で中止になったが、有志メンバーのサイクリングだけでも成果は見られた。水谷さんは「(新入社員サイクリングに)ここまで関心を持つものなのか、こんなに喜ぶものなのか」と驚いたという。サイクリングを楽しむ第一歩を踏み出した新入社員たちの姿を見て「これからも継続したい」と手応えは充分だった。

2017年4月入社のあさひ社員たち Photo: Naoi HIRASAWA

アンケートに答えて「ウェルドタイト」バイククリーナーをゲット!

ウェルドタイトの「バイククリーナー 1L スプレーボトル」 ©サイクルベースあさひ

最後までお読みいただきありがとうございました。この記事を読んでCyclist読者の皆様は、どのような感想をお持ちになったでしょうか? アンケートにお答えいただいた方の中から抽選で5名様に、イギリスの老舗自転車用品メーカー・ウェルドタイトの「バイククリーナー 1L スプレーボトル」をプレゼントします。
◆「バイククリーナー 1L スプレーボトル」の特長◆
・少ない泡立ちながら、素早く汚れを落とします。
・クリアコート、ポリッシュ、塗装面など様々なフレームに使用可能です。


◆応募要項◆
【応募受付期間】
2017年5月8日(月)正午まで(当社が電子的に応募内容を受け取った時刻を基準にします)
【応募条件】
プレゼント企画への応募受け付けは当連載期間中4回実施予定ですが、応募していただけるのはお一人様につき1回限りとさせていただきます。
【応募方法】
アンケートにご回答いただいたうえで、ご連絡先などの必要事項を記入し、「送信」ボタンを押してください。確認画面が表示された時点で、応募が成立します。
【当選について】
・応募締切後、厳正な抽選により当選者を決定し、ご記入いただいたメールアドレス宛にCyclist編集部から当選を通知いたします。
【その他】
選考結果は当選者に対し、登録していただいたメールアドレス宛にメールで直接連絡します。応募の際は連絡可能なメールアドレスをご利用ください。
記入された個人情報は、厳重に管理・保管し、選考結果の伝達、商品の発送、当連載企画に関連する取材や連絡、産経新聞グループからの情報提供などの目的で使用します。利用目的に照らして不要となった個人情報については、速やかに廃棄します
※産経デジタルのプライバシーポリシーはこちらをご参照ください。

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

サイクルベースあさひ サイクルベースあさひの挑戦

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:千葉競輪パワースポーツ講座

スペシャル

SBAA動画

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載