スマートフォン版はこちら

サイクリスト

市の条例啓発キャンペーンにも協力au損保が名古屋市と協定締結 自転車向け保険の加入や交通安全対策を促進

  • 一覧
名古屋市と「自転車の安全で適正な利用の促進に関する協定」を締結 ©au損保

 au損保は4月6日に、愛知県名古屋市と「自転車の安全で適正な利用の促進に関する協定」を締結した。協定締結式は名古屋市庁で開かれ、河村たかし市長、遠藤隆興au損保社長らが出席。連携して自転車向け保険の普及に努めるほか、市内の自転車利用者の安全意識の向上により自転車事故の削減に取り組むとしている。

10月1日から自転車向け保険の加入を義務化

 名古屋市は、4月1日に「名古屋市自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」を施行し、10月1日より自転車利用者及び自転車を利用する未成年の保護者に対して自転車損害賠償保険等への加入を義務化する。市は同協定に基づき、市の公式ホームページにau損保の「自転車向け保険」サイトへの入口を設け、両者で自転車向け保険の知識向上と加入促進に努める。

市が主催する「自転車安全適正利用促進条例啓発キャンペーン」に参加 ©au損保

 また締結式が行われた当日、市内の栄広場において市が主催する「自転車安全適正利用促進条例啓発キャンペーン」が実施され、au損保や一般財団法人日本損害保険協会中部支部、愛知県警察本部等の団体が参加し、条例に関する啓発チラシや自転車反射シール等の配布を行った。

 au損保と自治体との自転車安全利用等に関する協定の締結は、大阪府(2016年3月)、東京都(同7月)、埼玉県(同9月)、東京都(2017年1月、2回目)、新潟県(同1月)、岐阜県羽島市(同3月)、京都市(同4月)に続く8カ所目となる。

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

au損保 セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載