スマートフォン版はこちら

サイクリスト

エイリアンウェア、B-Spaceなどが開催ズイフトで室内エンデューロレース 走者を間近で応援できる熱気あふれた初イベント

by 平澤尚威 / Naoi HIRASAWA
  • 一覧

 インドアサイクリングアプリケーション「ズイフト」を使ったイベント「日本初!チーム対抗Zwiftエンデューロレース in B-Space ~ Supported by Alienware」が4月9日に開催された。一堂に会して仮想空間で競い合う新しい試みで、室内に横一列で並んだ参加者たちは、チームメイトの声援を受けながら熱気あふれるレースを繰り広げた。

「日本初!チーム対抗Zwiftエンデューロレース in B-Space」第1走者がスタート Photo: Naoi HIRASAWA

 ズイフトと東京都品川区のサイクルショップ「B-SPACE」(ビースペース)とPCメーカー「DELL」(デル)のゲーミングPCブランド「ALIENWARE」(エイリアンウェア)が共同で開催し、会場となったビースペース店内には、固定ローラーにセットされた3台のバイクや大きなモニター、ズイフトの高画質な映像を美しく表現できる性能を備えたゲーミングPCが用意された。この日は雨が降る“ズイフト日和”で、屋外の様子と画面上の晴天のコースが対照的だった。

3台のバイクとモニターが並べられた Photo: Naoi HIRASAWA
スポーツ自転車未経験者の多いチームで参戦した、プロレスラーのSUSHI選手 Photo: Naoi HIRASAWA

 4人1組のチーム対抗戦で、3チームが同じ地点からスタートし、1時間の走行距離で争われた。メンバー全員が一度は走ることが条件で、誰が何分走るか、交替する回数などは自由。1人がなるべく長く走るチーム、疲れたらすぐ変わるチームなど、戦略はさまざまだ。

 「静かにみんなで見守る感じになるのかと思った」という参加者もいたが、チームメイトが疲れてきたら鼓舞するように声援が飛び、司会進行を務めたクリステル・チアリさんが“走行中”の参加者にインタビューするなど、終始賑やかなイベントになった。

ゲームに合わせてローラー台が振動する機能に驚く参加者たち Photo: Naoi HIRASAWA
司会を務めたクリステル・チアリさん Photo: Naoi HIRASAWA

 ゲストとして登場した2015年の全日本選手権個人タイムトライアル王者の中村龍太郎選手(イナーメ信濃山形)は、レース開始から30分ほどで最下位だったチームの助っ人として5分間限定で参戦し、笑顔でもがきながら他チームを追い上げた。

助っ人として参戦し、追い上げる中村龍太郎選手(左) Photo: Naoi HIRASAWA
優勝チーム「GROVE」の4番手で走った吉田和永さん Photo: Naoi HIRASAWA

 このイベントは、チームメイトが走っている姿を、常に間近で見られるのが特徴だ。声をかけたり、時に汗を拭いてあげたりというサポートができる。優勝チーム「GROVE」の吉田和永さんは「みんなの応援が聞こえて『踏まなきゃ』という気持ちになる。エンデューロイベントで仲間のみんなの前を走る時の感じ」と、1人でズイフトをプレイするのとは違った楽しさを満喫していた。

 この日は普段からサイクリングを楽しむ人から、スポーツ自転車初体験という人まで、さまざまな参加者が集まった。デルのデジタルマーケティング部の倉本裕介さんは「スキルに関係なく、女性や子供、エントリー層も楽しめるレースイベント。(終盤に)差がついてしまっても、各チームが楽しんでいた」と参加者たちの盛り上がりを喜んだ。

参加者らの記念撮影 Photo: Naoi HIRASAWA

関連記事

この記事のタグ

イベント ズイフト

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載