スマートフォン版はこちら

サイクリスト

栃木県内の小学4〜6年生が対象宇都宮ブリッツェンがジュニアクラブのトライアウトを4月22日開催

  • 一覧

 栃木県宇都宮市を拠点とする地域密着型プロ自転車ロードレースチーム、「宇都宮ブリッツェン」を運営するサイクルスポーツマネージメントが、ジュニア育成プログラム「アップ・ビーリング・システム」のトライアウトを4月22日(土)に宇都宮競輪場で開催する。栃木県在住の小学校4〜6年生が対象で、性別は問わない。応募は4月16日(月)まで(当日消印有効)。合格者は5月よりトレーニングを開始する。

ジュニアクラブの位置づけと、ブリッツェンを頂点にした育成の枠組み © CYCLE SPORTS MANAGEMENT

 アップ・ビーリング・システムは、宇都宮ブリッツェンが自転車の魅力を発信し、将来のプロロードレーサーを夢見る子供たちの受け皿となるジュニアクラブ。活動は安全を十分確保し、宇都宮競輪場でのトラック練習と、鬼怒川河川敷の管理道路などでのロード練習を、週1回ずつ行う予定だ。新しく自転車競技を始める子供向けに、ロードバイク貸出制度も用意する。

 ジュニアクラブの設立により、ブリッツェンを頂点にした新たな育成の枠組みが動きだす。下部組織として活動するブラウブリッツェン、さらには作新学院大学自転車部と連動しながら、プロスポーツ選手としての競技力と人間力を育成し、世界へと羽ばたくポテンシャルを秘めた“Made in UTSUNOMIYA”の選手を育て上げることを目指す。

「アップ・ビーリング・システム」トライアウト実施概要

■開催日時:2017年4月22日(土) ※雨天時は翌23日(日)に開催予定
■場所:宇都宮競輪場
■募集定員:20人前後
■申し込み方法:参加申込書に必要事項を記入および写真貼付の上郵送
■募集締め切り:2017年4月16日(月)※当日消印有効

【トライアウト合格者について】
■費用:入会金 10,800円、月謝10,800円、チームジャージ約25,000円程度
 ※その他、レース参加にあたっての交通費、エントリー費用実費
■チーム練習:毎週2回(水、日)、チーム練習を予定

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

宇都宮ブリッツェン 栃木県

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

ツールド・フランス2017

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載