スマートフォン版はこちら

サイクリスト

デザインと安全性を両立キャノンデールがヘルメットの価格改定 6種類で最大5000円値下げ

  • 一覧

 キャノンデール・ジャパンが、3月からキャノンデールヘルメット (ユーティリティーを除く)の価格を改定した。キャノンデールファンはもちろん、デザイン性と安全性を兼ね備えたヘルメットは、これからスポーツバイクをはじめるライダーにオススメだ。

 キャノンデールヘルメットのキーポイント3つは以下の通りだ。

ポイント①:埋め込みシャーシー
 全てのキャノンデールヘルメットには、ナイロンのシャーシー(サブフレーム)が埋め込まれている。これにより、衝撃を受けても本体がバラバラに砕けず、強度を保つ。

ポイント②:2層構造EPSフォーム
 柔らかなEPS(発砲ポリスチレン)フォームと固いフォームの2層を上下で組み合わせることにより衝撃を分散させる「ピークプロテクション」構造。

ポイント③:Siアロイ強化ブリッジ
 アルミ製強化ブリッジを内蔵し、安全性を増すとともに空冷効果をもたらす。

■サイファーロード(CYPHER ROAD)
旧価格:24,000円 ⇒ 新価格:19,000円(税抜)
・カラー:3色
・取り外し可能なエアロカバー付き
・統合システムとして実現したフィット感。3つのポジション調整と、マイクロダイアルテンションアジャスターで締め付けを調整するエルゴフィットEVAパットで確かな着用感
・JCF公認(レース時エアロカバー装着不可)

サイファーロード(CYPHER ROAD) ©cannondale

■サイファーエアロ(CYPHER AERO)
旧価格:24,000円 ⇒ 新価格:19,000円(税抜)
・カラー:1色
・ 空気抵抗を軽減するエアロダイナミックデザイン。取り外し可能なエアロカバー付き
・深さを3つのポジションで変更可能なアジャスター付き
・JCF公認(レース時エアロカバー装着不可)

■サイファー(CYPHER)
旧価格:22,000円 ⇒ 新価格:17,000円(税抜)
・カラー:1色
・2種のEPSフォームを使うピークプロテクションテクノロジーが、最高級の安全基準を達成すると共に軽さも実現
・汗を吸収し乾燥させる、熱シール処理の抗菌パッド
・JCF公認(レース時エアロカバー装着不可)

サイファーエアロ(CYPHER AERO) ©cannondale
サイファー(CYPHER) ©cannondale

■テラモ(TERAMO)
旧価格:14,000円 ⇒ 新価格:12,000円(税抜)
・カラー:7色
・多層モールドを利用するポリカーボネイトシェル技術が、EPSシェルとアウターシェルとを接着し一体化したデザインを可能に
・Siアロイブリッジを使用し、クラス最高峰の安全性と通気性を達成
・JCF公認

テラモ(TERAMO) ©cannondale

■ラディウス(RADIUS)
旧価格:8,400円 ⇒ 新価格:6,900円(税抜)
・カラー:8色
・ヘルメット内への確かな通気を可能にする22の通気穴を配置
・マイクロダイアル調整のエルゴフィットEVAパットで確かな着用感
・取り外し可能なバイザー付き

ラディウス(RADIUS) ©cannondale

■クイック(QUICK)
旧価格:5,900円 ⇒ 新価格:4,900円(税抜)
・カラー:4色
・必要十分な価格と手頃な価格が魅力の入門用ヘルメット
・取り外し可能なバイザー付き

クイック(QUICK) ©cannondale

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

キャノンデール サイクルアイテム ヘルメット

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載