スマートフォン版はこちら

サイクリスト

今季から初のワールドチームスポンサーに独自の「シャワートラック」でサガンらサポート 水栓ブランド「ハンスグローエ」

by 平澤尚威 / Naoi HIRASAWA
  • 一覧

 一般的にプロロードレース界ではチーム名にスポンサー名を冠していることが多いが、スポンサーは自転車関連の企業にとどまらない。今シーズンからUCIワールドチームに昇格したボーラ・ハンスグローエの新スポンサー「ハンスグローエ」は、デザイン性の高いシャワーヘッドや浴室・キッチン向けの水栓メーカーだ。ブランドの特徴や、スポンサーとして初めて関わるロードレースへの取り組みに迫った。

「ハンスグローエ」ブース Photo: Naoi HIRASAWA

革新を求める老舗ブランド

ボーラ・ハンスグローエの“顔”といえる世界チャンピオンのペテル・サガン =ミラノ~サンレモ、2017年3月18日 Photo: Yuzuru SUNADA

 ボーラ・ハンスグローエはペテル・サガン(スロバキア)やラファル・マイカ(ポーランド)ら有力選手を獲得し、一躍ビッグチームの仲間入りを果たしたドイツ籍のチーム。ハンスグローエは1901年に創立したドイツの老舗ブランドだ。

 デザインと品質、そしてハイエンドユーザー向けの製品を世に送り出し、高級ホテルのシャワー周りでは世界ナンバーワンのシェアを誇る。ハンスグローエブランドの他にも、よりラグジュアリーな志向のユーザーを対象とした「アクサー」ブランドを展開している。

 東京都内で開かれたホテルやレストラン向け展示会に出展したハンスグローエを訪ねたところ、ハンドシャワーや固定するタイプのオーバーヘッドシャワーのデモンストレーションを行っていた。セレクトボタンで水流を切り替えられるモデルは、通常のシャワーと空気を多く含むモードなどが切り替え可能。担当者によると、空気を含むとやわらかい使い心地になり、サイクリング後にリラックスしたい人にもおすすめの機能だという。

直線的なフォルムがベースの新製品「メトロポール」。水を出すときは上に上げるだけ Photo: Naoi HIRASAWA
「アクサー」ブランドは多彩なデザインの製品を揃える Photo: Naoi HIRASAWA

 また洗面用の水栓ではレバーを右に回すと水、左に回すとお湯が出るのが一般的だが、ハンスグローエは上にあげるだけで水が出て、お湯を出したい時だけ左に回すタイプの新製品も販売。常識にとらわれない発想で生み出された機能は、よく考えるとシンプルに使えるアイテムといえそうだ。

サガンはサービス精神旺盛な「グッドガイ」

 日本やオセアニアのセールスマネージャーを務めるグレゴリー・クルゼーさんは、ワールドツアーで戦うチームに対し、ブランドの認知度向上を期待しており、シーズン序盤にして「大きな効果があった」と手応えを語った。

ハンスグローエの日本・オセアニアのセールスマネージャー、グレゴリー・クルゼーさん Photo: Naoi HIRASAWA

 オーストラリアで1月に開催されたサントス・ツアー・ダウンアンダーを観戦したクルゼーさんは、「レース現場のエネルギーに驚かされた」と語り、ロードバイクに乗ってレース観戦に来るファンの多さが印象に残ったという。エースのサガンについては「決められた時間を超えてでも、ファンにたくさんサインしてくれるフレンドリーな選手。グッドガイだ」とチームの“顔”の振る舞いに満足そうだった。

 チームとの契約は3年だが「うまくいけば延長すると思う」と継続的な取り組みに期待する。また、共同スポンサーの換気扇メーカー「ボーラ」はドイツの企業で、キッチン周りの設備を取り扱っていることや、デザイン性・高品質といった特性がハンスグローエと共通していることから「メーカーコンセプトが一致しており、相乗効果も見込める」という。

砂にまみれたバイクで走るペテル・サガン =パリ~ルーベ、2016年4月10日 Photo: Yuzuru SUNADA

 また、ハンスグローエは欧州の主要レースに「シャワートラック」という独自の機材を投入するという。同ブランドのシャワーブースが搭載されたトラックで、チームの選手たちにレース後のリフレッシュタイムを提供する。サガンが優勝候補に挙げられる石畳のクラシックレースは、晴天時は砂埃が舞い、雨が降れば選手たちは泥まみれになる。

 クルゼーさんは、チームの監督が「絶対勝てる」と太鼓判を押したというパリ~ルーベには「ぜひトラックをもって行きたい」と笑みを浮かべ、ビッグタイトル獲得のサポートへ意欲を見せた。

現在募集中のイベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載