スマートフォン版はこちら

サイクリスト

普段使いからロングライドまでアレックスリムのフルカーボンクリンチャー「ALX845C」を試乗レポート

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 台湾のホイールブランド「ALEXRIMS」(アレックスリム)からフルカーボンクリンチャーホイール「ALX845C」が新たに登場した。リムハイトは45mmで空力性能と軽量性を両立。前後セットで1560gにまとめられたミドルハイトホイールを試した。

アレックスリムのフルカーボンクリンチャー「ALX845C」 Photo: Masami SATOU

平地と下りでスピードに乗る

 ALX845Cはフロント20本のラジアル組み、リアはフリー側をタンジェントの24本組みというオーソドックスな仕様に、自社で設計と製造を行ったフルカーボンクリンチャーリムを組み合わせたホイールセットだ。装着したタイヤはコンチネンタル「GP4000S」で、平地と山岳の300kmをテストライドした。

リアのスポークは24本で、反フリー側がラジアル組 Photo: Masami SATOU

 踏み出しはそれなりに重量を感じる。同重量帯のローハイトアルミホイールと比べるとハイトがあり、リムが重い分、加速はアルミホイールに軍配が上がるだろう。しかし、25km/hを超えるとエアロ効果と慣性モーメントが働き、脚をペダルに載せるだけでスピードを維持できる感覚を得られた。

 埼玉県・白石峠の上りで試したのだが、10%超の急勾配ではやや脚を引っ張られる。ただ、ダンシングでパワーをかけた際のフィーリングは良い。伸びがあり、緩い勾配での加速が気持ちよかった。

 驚いたのが下りの速さで、吸い込まれるように加速していく。ベアリングとエアロ効果が影響しているのだろう。コーナーではワンテンポ早くラインを狙うと、スムーズに曲がることができた。付属のシューでのブレーキングはガッと一気に効くのではなく、じわーっと効き、スピードのコントロールがしやすかった。

リムハイトは扱いやすい45mm Photo: Masami SATOU

 風や条件にもよるが、ほぼ平坦の荒川サイクリングロードを通り、白石峠を上る筆者定番のルート約170kmは今まで走った中でかなり早いタイムだった。一定ペースで走り続けるのが得意なALX845Cは、アベレージスピードを維持したいサイクリストにはお勧めしたい。琵琶湖一周の「ビワイチ」などにも適しているだろう。約15万円と手が届きやすいフルカーボンクリンチャーなので、トレーニングからロングライドまで使い倒してみたいホイールだった。

アレックスリム「ALX845C」
税込価格:155,520円
対応カセット:シマノ8/9/10/11S
重量:1560g

関連記事

この記事のタグ

ホイール|サイクルパーツ商品一覧

アレックスリム サイクルパーツ パーツ・アイテムインプレッション ホイール

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載