スマートフォン版はこちら

サイクリスト

title banner

まさみんのゆるゆる自転車女子旅<32>“クロコダイル”にはなりたくない! 紫外線に負けない自転車女子の日焼け対策メイク

by 龍野雅美 / Masami TATSUNO
  • 一覧
この一吹きがメイクを崩れにくくする秘訣 Photo: Masami TATSUNO

 自転車を始めてから日ごとに増えるシミ、そばかす…。このまま増え続けたらメイクだけじゃ隠し切れない!どんなに身体が引き締まったところで走った後の写真は、もはや「妖怪ウォッチ!」─と悩む女性サイクリストのために、3月20日に開催された「紫外線に負けない!サイクリストのための汗でも落ちにくいメイク講座」に参加してきました。キレイも自転車も楽しみたいアクティブな女性のために、ノートがびっちり埋まるほど取材したメモと体験の内容をご紹介します。

耳が痛い!強烈な“肌用語”

 教えてくれた先生は、さまざまなスポーツイベントで女性の美をサポートしてくれるだけではなく、自身もランニングに自転車、山登りとアウトドアを楽しまれているという橋本ワコ先生。多くの女性とのかかわりや実体験から、その特徴もしっかり伝えてくれました。

橋本ワコ先生。首のうしろの日焼け対策を強調中 Photo: Masami TATSUNO

 そんなワコ先生が放つ“ワコワード”は強烈です。

 「首の日焼け対策を怠ると“クロコダイル”みたいな肌になっちゃうの」とか、「“ゴルゴライン”ね、昔は日焼けしてがんばったっていう勲章だったけど今は違う!」とか、「生の魚より干した魚のほうが、火が通りやすいでしょ」とか!

 解説すると、「クロコダイル」とは、日焼け対策を怠った首のこと。首の後ろ部分が、長年の日焼けで痛んだ硬化してしまうばかりか、張りが失われた皮膚が、首の後ろから前方へとたまってしまうそうです。きゃー!

左から参加者の斎藤めぐみさん、武田和佳さん、福田頌子さん、まさみん(私)、そして橋本ワコ先生 Photo: Masami TATSUNO

 「ゴルゴライン」は、漫画の「ゴルゴ13」のような目から口元にかけた深いラインのこと。紫外線は表皮だけではなく肌内部の筋肉にも影響し、それが頬のシワやたるみの原因となるのだそう。そう、あれは紫外線によって頬の筋肉がたるんだ結果なのです…トホホ。

 そして「生の魚と干した魚」は、水分の重要さを表す例えで、「生の魚の方が水分があって火が通りにくい。水分というのはバリアになる」。つまり「保湿は大切」ってことです。

「汗でも落ちにくいメイク」の秘訣は脂とり

 さて、ここから「汗でも落ちにくいメイク」の実践編です。メイクをオフしたら、化粧水のあとにスキンクリームで肌を整えます。その後に日焼け止め、BBクリーム、パウダーでベースを仕上げます。このなかで、ワコ先生が「大切!」と何度も協調していたポイントを3つご紹介します。

スポンジを使って余計な油分を取り除きます。この作業がとっても大切! Photo: Masami TATSUNO

 1つめが「クリームなど肌に塗るものは肌で温めてから使うこと」、2つめが「日焼けしやすい部位からポンポンと塗ること」。そして3つめが「スポンジで油分を落とすこと」。

 スポーツをすると、身体が温まり毛穴が開きやすくなります。するとたまっていた皮脂が出てくる。それに対して人肌に温めたクリームなどをポンポンとたたくようにして毛穴となじませ、かつ余分な油分をおとしておく。これがメイクを肌に密着させ、崩れにくくするポイントなのだそうです。

日焼けしやすい部位から塗ります。ほお→鼻→あご・額 Photo: Masami TATSUNO
仕上げのパウダーはブラシにたっぷりとって、優しくなでるように軽くつける Photo: Masami TATSUNO

 また、スポーツをする時は水に強い化粧品であることが必要です。でも水に強い製品は、油に弱い一面を持っています。そのためにも、スポンジを使って余計な油分を落とすことが大切なのだそうです。BBクリームを塗った後は、小鳥をなでるように顔全体をなぞりましょう。さらに、毛穴の気になる方は小鼻の周りは100回くらいポンポンとスポンジを当てるとメイクが崩れにくくなります。

ティッシュをかぶり、ミストを12~14回程度プッシュ Photo: Masami TATSUNO
モデルさんを見ながら、チャレンジャーもスポンジポンポンがんばります Photo: Masami TATSUNO

 仕上げのパウダーはブラシにたっぷりつけて、優しくなでるように軽く付けていきます。そして最後が肝心!ティッシュをかぶり、ミストを12~14回程度プッシュ!こうすることで粉っぽさがなくなり、完璧なベールが完成するのです。

眉のメイクをしてもらったら、自分でも印象の変化にびっくり! Photo: Masami TATSUNO

 ベースメイクのあとは、眉毛メイクも教えていただきました。私、眉毛(特に眉尻)がほんと薄くて、いつも消えちゃって大変なんですよ…。そんな悩み対策も教えていただきました。あぁ、眉毛についてもっと語りたい…。眉毛以外の話も語りたい…。けど、そろそろ字数がオーバーしそうなのでまた別の機会に(笑)。

 気になる人は橋本ワコ先生のブログ日本スポーツビューティー協会のホームページをチェックです!
 

龍野雅美龍野雅美(たつの・まさみ)

「まだ知らない日本の魅力を発掘したい」、「自転車のあるライフスタイルの楽しみ方を届けたい」という思いからライターとしても活動を始める。埼玉県と自転車の魅力を発信するポタガールとしても活動中。「ポタ日和」で情報発信をしているほか、ウェブサイト「Masami’s Library」でも執筆中。

関連記事

この記事のタグ

Cyclist for Woman イベント(女性向け) ゆるゆる自転車女子旅

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載