スマートフォン版はこちら

サイクリスト

Jプロツアー第2戦那須ブラーゼンの吉岡直哉、“鶴の壁”でJPT初優勝 チームも地元・栃木で初勝利

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本最高峰のシリーズ「Jプロツアー」(JPT)の第2戦「宇都宮ロードレース」が3月19日、宇都宮市の森林公園周辺の公道コースで開催され、吉岡直哉(那須ブラーゼン)が少人数のスプリントを制して自身初のJPTクラスタで優勝を果たした。個人ポイントランキングトップが着用するルビーレッドジャージはこの日2位に入った吉田隼人(マトリックスパワータグ)が守り、ピュアホワイトジャージは岡篤志(宇都宮ブリッツェン)が獲得した。

得意の上りスプリントでレースを制した吉岡直哉(那須ブラーゼン) Photo: Shusaku MATSUO

逃げの展開生まれぬサバイバルレース

パレード走行を終えた選手がスタート Photo: Shusaku MATSUO

 初開催となった宇都宮ロードレースは、ジャパンカップでおなじみの「森林公園」のメイン会場をかすめ、かつて本コースとして設定されていた「鶴カントリー倶楽部」(鶴CC)をゴール地点にした1周6.4kmのコースで争われた。周回路はコーナーやアップダウンが連続するうえ、ハイスピードで駆け抜ける平坦路もあり、変化に富んでいる。鶴CCは最大斜度16%の激坂が600m続き、“鶴の壁”と称される勝負所として注目される。JPTはコースを11周とパレード走行を含む計80.4kmで行われた。

“鶴の壁”を上る集団 Photo: Shusaku MATSUO

 レースは前日のJPT開幕戦で優勝を果たし、ルビーレッドジャージを獲得した吉田隼人(マトリックスパワータグ)をセンターにスタート。序盤はマトリックスパワータグ、シマノレーシング、キナンサイクリングチーム、那須ブラーゼン、宇都宮ブリッツェンの各チームが前方を固めるなか、インタープロサイクリングアカデミー勢が1回目の鶴CCを先頭でクリア。JPTチーム登録2年目の東京ヴェントスの選手も集団前方で気を吐いた。

序盤は東京ヴェントスや、インタープロシクリズム勢が前方でレースを展開 Photo: Shusaku MATSUO
細かいアタックが起きるも、決定的な逃げは生まれない Photo: Shusaku MATSUO

 その後、内野直也(ウォークライドシクロアカデミア)と横山航太(シマノレーシング)が2人で集団から抜け出し、佐野淳哉(マトリックスパワータグ)、雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)らがブリッジをかけるも、程なくして集団に吸収された。他にもアタックが起きるが、鶴CC前には吸収されるパターンが続く。集団後方ではペースに堪えられない選手が脱落し、サバイバルレースの様相を呈した。

ラスト周回に向けて強力なペースアップを図る宇都宮ブリッツェン Photo: Shusaku MATSUO

 佐野は「自分は繋ぎとして逃げのチェックに入る動きをしたが、他のチームも同様で、本気で逃げようとするグループがなかなか形成されない展開が続いた。鶴の上りも斜度はあるが、短いから踏み切れてしまい、ふるいをかけるに至らない。差が開いてもアップダウンの区間で差が縮まって、動きの少ない展開になってしまった」と分析する。

ブリッツェンとマトリックスが強力に牽引

 メイン集団が残り3周を切ると、集団前方にはマトリックスパワータグと宇都宮ブリッツェン勢が体制を整え、5人ずつの枚数を揃えてレースを展開。残り2周に差し掛かる鶴の上りでは鈴木譲を先頭に宇都宮ブリッツェンが地元の声援を前に強力なペースアップを図った。ラスト周回までには一気に人数が絞り込まれた集団は10人強で最終周回へと突入した。

ゴール後に抱擁して喜ぶ吉岡直哉(那須ブラーゼン)(手前)とチームメートの岸崇仁 Photo: Shusaku MATSUO

 先頭集団は割れることなく5kmをこなし、勝負は最後の鶴の上りへ。ここで早駆けし、先頭に出たのが吉岡だった。「純粋なスプリントで勝つのは難しいので、早駆けする自分のパターンで決めたかった」という吉岡のスピードは衰えず、吉田と増田成幸(宇都宮ブリッツェン)の追撃を振り切って優勝。自身初、チームとしての初勝利を地元・栃木で挙げる嬉しい一勝となった。

宇都宮ロードレース上位3人。左から2位の吉田隼人(マトリックスパワータグ)、優勝した吉岡直哉(那須ブラーゼン)、3位だった増田成幸(宇都宮ブリッツェン) Photo: Shusaku MATSUO
ピュアホワイトジャージは岡篤志(宇都宮ブリッツェン)が獲得(左)。ルビーレッドジャージは吉田隼人が守った(マトリックスパワータグ) Photo: Shusaku MATSUO

 吉岡は「チームメートのおかげで勝てた。みんなの勝利です。ただただ嬉しい」と感極まった様子でコメント。チームメイトで序盤から吉岡の発射台を務めた岸崇仁は「自分が終始吉岡さんをサポートし、スプリントで勝たせるプランをそのまま実現できた」と振り返った。

地元で初勝利を飾った那須ブラーゼンの選手達 Photo: Shusaku MATSUO

 那須ブラーゼンの運営会社、NASPOの若杉厚仁代表は「勝つべくして勝ったが、感動した。ブリッツェン、キナン、マトリックスがやりあってる中で立ち振る舞うのは難しいが、吉岡だけでなく、チームで動けたことも勝因だろう。設立5年目での初勝利。シーズンに何勝も挙げられるチームに成長してきた」と自信を見せた。

Jプロツアー第2戦「宇都宮ロードレース」リザルト
1 吉岡直哉(那須ブラーゼン)1時間42分49秒
2 吉田隼人(マトリックスパワータグ)+1秒
3 増田成幸(宇都宮ブリッツェン)+2秒
4 岡篤志(宇都宮ブリッツェン)
5 西村大輝(シマノレーシング)+3秒
6 野中竜馬(キナンサイクリングチーム)+4秒
7 早川朋宏(愛三工業レーシングチーム)+7秒
8 横塚浩平(リオモベルマーレレーシングチーム)+9秒
9 ホセビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)+12秒
10 谷順成(ヴィクトワール広島)+13秒

関連記事

この記事のタグ

JPT2017・レース Jプロツアー2017

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

わたしらしく自転車ライフ

スペシャル

SBAA動画

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載