スマートフォン版はこちら

サイクリスト

第4回宇都宮クリテリウムJプロツアー開幕戦、吉田隼人が万全のスプリントで優勝 初のルビーレッドジャージ

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 国内最高峰のシリーズ「Jプロツアー」(JPT)の開幕戦「宇都宮クリテリウム」が3月18日、宇都宮市内の清原工業団地で開催され、吉田隼人(マトリックスパワータグ)がゴールスプリントで優勝を果たした。個人ポイントランキングトップが着用するルビーレッドジャージは吉田が獲得。翌日に行われるJプロツアー第2戦「宇都宮ロードレース」をポイントリーダーとして挑む。

吉田隼人(マトリックスパワータグ)がスプリントの伸びをみせ優勝を果たした Photo: Shusaku MATSUO

逃げが決まらないハイスピードな展開

逃げが決まらず、アタックとけん制を繰り返すメイン集団 Photo: Shusaku MATSUO

 今年で4回目を迎えた宇都宮クリテリウムは、春の暖かい日差しのもと、大勢の観客が見守る中で争われた。コースは工業団地内の公道を使用した1周3kmの特設コース。アップダウンは全くなく、長方形の周回路を右回りするレイアウトで、一カ所のみヘアピンコーナーを設けている。直線では60km/hを超えて巡航することもあるハイスピードコースだ。

 JPTは同日午前、2組に分けて15kmの予選が行われ、それぞれ上位50人、計100人が午後の決勝に進出した。決勝はコースを20周する計60km。例年激しいアタック合戦や迫力のゴールスプリントが展開される。昨年優勝を果たした鈴木譲を擁する地元・宇都宮ブリッツェンの活躍に期待と注目が集まっていた。

 決勝には宇都宮ブリッツェン、マトリックスパワータグ、キナンサイクリングチームなど、UCIコンチネンタルチームを中心とする有力チームが主力メンバーを欠くことなく顔を揃えた。午後1時、スタートと同時に先頭から飛び出したのは今年エリートクラスタチーム「弱虫ペダルサイクリングチーム」から移籍した岡篤志(宇都宮ブリッツェン)。しかし、岡や他のチームのアタックもなかなか決まらない。

“地元”チームで期待がかかる岡篤志(宇都宮クリテリウム)は序盤から積極的にレースを展開 Photo: Shusaku MATSUO
逃げグループが形成されるが、メイン集団の視界から消えることはない Photo: Shusaku MATSUO

 中盤に入っても状況は変わらず、こう着状態が続いた。数秒程度のリードを築くグループができるも、1周以内にメイングループに戻っていった。この間、5、10、15周目にはスプリント賞が設定され、原田裕成(愛三工業レーシングチーム)、中島康晴(キナンサイクリングチーム)、鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)がそれぞれ獲得。スプリントによりスピードが上がって集団は縦に伸びるが、展開を動かす力にはならなかった。

コーナーをハイスピードで駆け抜ける集団 Photo: Shusaku MATSUO

 集団は一つのままゴールスプリントが濃厚になると、愛三工業レーシングチームや宇都宮ブリッツェン、キナンサイクリングチーム、マトリックスパワータグなどがラスト3周からチームごとにまとまってトレインを形成。最終周回には愛三工業レーシングチームが今季チームUKYOから移籍した住吉宏太を従えてトップでゴールラインを通過。その後ろにはアシスト3枚に連れられた吉田が構える。

 2kmを切り、先頭がバックストレートに入るとマトリックスパワータグが他を寄せ付けない強力な牽引で他チームをけん制。吉田の前を走る土井雪広がハンドリングし、スプリントに向けて万全の体制を整えた。そこに割って入ったのがキナンサイクリングチーム。発射台を務める野中竜馬とゴールスプリントを託された雨乞竜己が、最終コーナーに向けて“マトリックストレイン”に被せていった。

 しかし、枚数を残していたマトリックスパワータグが再び主導権を掌握し、ラスト100mで吉田がスプリントを開始。チームメイトのアイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)が早々と喜びを表すほどのスプリント力を見せ、吉田が優勝を飾った。2位には悔しがりながらゴールした雨乞が、3位には住吉が入っている。

「勝てる自信があった」

 吉田は「きょうはどの展開でも逃げは潰して欲しいとチームにオーダーをしていました。ゴールスプリントになった場合は僕が、また、良いメンバーの動き、いわゆる“勝ち逃げ”になりそうなアタックには積極的に乗るようにしました。ゴール前では予定よりもうちのチームは枚数が少なかったので、キナンに被せられたことが逆に良かった。最後は純粋にスプリンター同士の勝負になりましたが、勝てる自信があった。冬にしっかりと体を仕上げて望むことができた結果ですね」と振り返った。

自身初のルビーレッドジャージに袖をとした吉田隼人(マトリックスパワータグ) Photo: Shusaku MATSUO

Jプロツアー第1戦「宇都宮クリテリウム」リザルト
1.吉田隼人(マトリックスパワータグ)
2.雨乞竜己(キナンサイクリングチーム)
3.住吉宏太(愛三工業レーシングチーム)
4.水谷翔(シマノレーシング)
5.鈴木譲(宇都宮ブリッツェン)
6.渡邊翔太郎(愛三工業レーシングチーム)

関連記事

この記事のタグ

JPT2017・レース Jプロツアー2017

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載