スマートフォン版はこちら

サイクリスト

北見涼が新キャプテンに東京ヴェントスは2017シーズン選手10人体制 高木三千成ら5人が移籍加入

  • 一覧

 東京・多摩地域を拠点とするサイクルロードレースチーム「東京ヴェントス」は、設立4年目となる2017シーズンに選手10人体制で臨む。昨シーズンからの継続選手5人、新規加入選手が5人で、国内最高峰のシリーズ戦「Jプロツアー」を中心に、国内ロードレースに参戦。若手選手を中心とした発掘・育成型チームとして、選手に可能性を引き出すための活動の場を提供しながら、国内トッププロチームの醸成を目指す。

東京ヴェントスの新規加入選手。(左から)菊地悠介、高木三千成、伊藤瞬紀、村田幸希、大前翔

 メンバーは昨シーズンまで主軸として活躍した米内蒼馬が選手としての第一線を退き、チーム3年目の北見涼が新キャプテンに就任。また昨シーズンのJプロツアー「藩庁門タイムトライアル」で2位に入った高木三千成、また本場ヨーロッパでの経験を持つ伊藤瞬紀らが移籍加入し、パワーアップした布陣でJプロツアーでの初勝利を目指す。バイクはカレラを使用する。

東京ヴェントスはオレンジのラインが目印。ジャージはフロントが黒ベース、バックが白ベースというユニークな色使い Photo: TOKYO VENTOS

 地域発信型チームとしては、スポーツサイクルの認知拡大や自転車文化の発展に寄与する活動を、多摩地域をベースに展開する。また下部組織の「VENTOS FRECCIA」には、15歳から20歳前後の若手選手が次期プロ選手を目指して多数加入。若年層からU23、エリート選手まで一貫した選手育成をスタートさせている。

東京ヴェントス 2017年体制

【2017年選手】
早川祐司(チーフ)
平野真一
佐々木貴則
北見涼(キャプテン)
栁沼龍佑
菊地悠介(湘南ベルマーレサイクルより移籍)
高木三千成(那須ブラーゼンより移籍)
伊藤瞬紀(ボンシャンスより移籍)
村田幸希(アーティファクトレーシングチームより移籍)
大前翔(慶応義塾大学自転車競技部より移籍)

【2017年スタッフ】
二戸康寛(監督/マネージャー)
池田勝之助(メカニック)
犬養広之(マッサー)

【使用機材】
フレーム:カレラ
ウェア:チャンピオンシステム、FOOTMAX
ハンドル/ステム:DIXNA
タイヤ:ハッチンソン
ヘルメット:MET
アイウェア:ルディプロジェクト
スポーツオイル:スポーツフル
ドリンク/ボトル:3アクション
トレーナー:グロータック
サイクルコンピューター:ガーミン

【メインスポンサー】1/1現在
株式会社立飛ホールディングス
多摩運送株式会社

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

JPT2017・チーム Jプロツアー2017

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載