スマートフォン版はこちら

サイクリスト

市との協定は初au損保が岐阜・羽島市と協定締結 自転車向け保険の加入や交通安全対策を促進

  • 一覧
松井聡・羽島市長(左)と亀田修造・au損保社長 ©au損保

 au損保が3月6日、岐阜県羽島市と「自転車の安全で適正な利用の促進に関する協定」を締結した。協定締結式が羽島市役所で開かれ、松井聡・羽島市長、亀田修造・au損保社長が出席。市が自転車の交通安全対策に関して協定を締結するのは初で、au損保と羽島市は連携・協力して自転車向け保険の普及に努め、若年者や高齢者の自転車の交通安全対策を推進する。

 高齢者ドライバーの事故が増えている昨今、全国的に運転免許証の返納促進が検討されている。羽島市では、2017年度に免許返納者へのコミュニティバスの利用助成を検討するが、一方でクルマを手放した高齢者の身近な移動手段として自転車の利用が見込まれ、一層の事故防止対策が課題となっている。

「自転車の安全で適正な利用の促進に関する協定」締結式の様子 ©au損保

 羽島市は本協定に基づき、公式ホームページにau損保の「自転車向け保険」サイトへの入口を設置する。また、au損保が提供するチラシなどの各種啓発ツールを、老人クラブ主催の交通安全教室で利用し、小中学校で保護者に配布して、自転車安全利用を促す。また、自転車の販売店に協力を依頼するなど保険加入を促進し、自転車の交通安全対策の一層の充実を図る。

 au損保と自治体との自転車安全利用等に関する協定の締結は、大阪府(2016年3月)、東京都(同7月)、埼玉県(同9月)、東京都(2017年1月、2回目)、新潟県(同1月)に続くもので、市との協定は初となる。

現在募集中のイベント情報

関連記事

この記事のタグ

au損保 セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

イベント情報:御神火ライド

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載